ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【半蔵門ビジネストーク】20170710 悪気はなかった

【半蔵門ビジネストーク】20170710 悪気はなかった

 

昨年のオランダのODR FORUMで、スキポール空港からハーグまで列車に乗りましたが、意図せずキセルをしてしまった事件は1年前。

www.odr-room.net

 

今年のODR FORUMはパリ。

地下鉄で会場に向かおうと最寄りの駅の階段をおります。

フランス語の読みは難しい。Vavinという駅だったのですが、発音はヴァヴァン。ヴァヴィンじゃありません。ホテルフロントで其の駅への入り口を教えてもらおうと、ヴァヴィンといくらいってもダメで、地図を見せたら、ヴァヴァンだと。ああ恥ずかしい。

そして有名はシャンゼリゼは、Champs Elyseesとスペルしますが、地図を見ながら会場を把握する際に、チャンプスエリーゼと思い込み、あやうくタクシードライバーに言うところでした。ああ恥ずかしい。

 

ヴァヴァンの駅の券売機で買おうとするとメンテナンス中でした。すぐ脇の窓口で買おうとすると、「いいよ買わなくて」と言われました。実際、改札の機械も修理中で、ホームに行く通路が開放されています。乗るのも降りるのもノーチェック。言われるがままに電車に乗ってしまいましたが。。。そういえば、検札が厳しいということを思い出しました。どこかで買わなくては。。。でも、そんな機会もなく目的地のルーズベルト駅へ。日本ならば、精算するか窓口で事情を話そうと思っていた所、この地下鉄では乗車時にチケットを改札に通しますが、降りるときは回収なしで、そのまま改札を通過。

 

ああ。またもODR FORUMに来てキセル乗車をやってしまいました。すみません。悪気はありません。それにしても、途中で検札されなくてよかった。厳しいのはキライです。

toyokeizai.net

f:id:emandai34:20170615173903j:plain

別の移動時に、うっかり降りる駅を通過してしまいました。すぐに次駅で下車し、反対方面に乗り換えようとしましたが。。。。反対ホームに行けない。そのつもりで歩いて行きましたが、ここでは、そのまま改札を出てしまい、結局また切符を買うことに。いくつかの大きな駅では、改札内でホームが分かれているので乗り換え可能ですが、こういうのは初めてで戸惑いました。

最終的には、回数券がいいかとカルネを購入。10枚セットで15€。

f:id:emandai34:20170702160938j:plain

ソーン内であれば乗車距離ではなく1回1枚なので意外に分かり易い。使い残しは3枚。また行く時があるかもしれないので財布の中で眠らせます。 

【つれづれ】20170708 くさかりまさお(2)

【つれづれ】20170708 くさかりまさお(2)

 

前回の草刈りから1ヶ月。

www.odr-room.net

5月21日こうだったのを。。。

f:id:emandai34:20170514213521p:plain

このようにキレイにしたのに。。。

f:id:emandai34:20170514213529p:plain

6月24日にはもう。。。

f:id:emandai34:20170624192853p:plain

特に右奥にはびこるブドウのような草がくせ者。柿の木に巻き付いて実成りを妨げます。また草刈りオジサンをやらねば。

そして7月2日。1日目でこう。大きくなりつつかるヤマブドウ中心に刈り払い。まだ、周辺は草ぼうぼう。あと1日かかりそう。

f:id:emandai34:20170702180610p:plain

【半蔵門ビジネストーク】20170707 仲裁ADR法学会(大阪大学)

【半蔵門ビジネストーク】20170707 仲裁ADR法学会(大阪大学)

 

会員となっている仲裁ADR法学会の年次大会が今年も開催。

f:id:emandai34:20170624215852j:plain

sites.google.com

 

今回のプログラムは、

 

第13回仲裁ADR法学会大会案内 - Japan Association of the Law of Arbitration and Alternative Dispute Resolution

 

●個別報告(12時30分~14時20分)

    第1報告 「民事訴訟とADRの目的論について」

    第2報告  「紛争解決過程における専門知―医療ADRを例に―」

●シンポジウム(14時50分~17時30分)

    テーマ: 「環境ADR―その意義と可能性―」

 

 

ADR法が施行されてから10年たち、認証機関も約150機関。

www.moj.go.jp

様々な活用が成されて来ましたが問題点や課題も明らかになっています。

 

ところで今回の会場は大阪大学です。

実は場所を確認しないでホテルを梅田にとってしまい、現地まで1時間以上かかりそう。しかも最寄りの駅は大阪モノレールで、降りてからも20分くらい徒歩。。。暑い夏の大阪です。

【半蔵門ビジネストーク】20170706 陽が沈むまで働く

【半蔵門ビジネストーク】20170706 陽が沈むまで働く

 

農家だった祖父母は、「お天道さまが出たら”畑”に行って、陽が沈むまで働く」と口癖のように言っていました。えらいなぁと思うとともに、大変そうだなぁと恐れおののき、農家はいやかも?と子供心。かくして、”会社”勤めとなり、今でもオフィスで働く日々。

そして農業でもないのに、「お天道さまが出たら”会社”に行って、陽が沈むまで働く」ことを実践してきました。なんの疑問もなく。周囲も誰も疑問に思わなかったと思われます。

 

 

先日、フランスに出張しました。欧州は初めてではありませんが、スケジュールに余裕があって2日ほど自由の身で、一人で観光を楽しみました。夕ご飯も気楽に一人、フラリとビストロへ繰り出します。

f:id:emandai34:20170615030531j:plain

この写真は、夜の8時。20時です。

この明るさ。

みなさん、個人的なディナー、あるいは、仕事を終えて、ビジネスディナーかもしれません。

 

ここでふと思い出したのが冒頭の祖父母の言葉。

「お天道さまが出たら”畑”に行って、陽が沈むまで働く」

この言葉は、世界共通の理解かと思っていましたが、この国の人にはあてはまらないのじゃないかいな?

20時といえども、まだ陽が沈んでいないどころか、調べると日没は大体22時だそうで、先の格言で暮らすと、22時まで働くことになってしまいます。フランス人がそうしているとは到底思えません。 

www.motohasi.net

この世界大都市の日の出日の入り時間表によれば、日の入りの日本とフランスの差は約3時間。日の出は1時間半で、この時間から起きて働く人はいそうですが、日の入りまで働くのは。。。あ!そうか飲食店は働いているな。。。

 

日本   東京 UTC+9    4:27:24 19:01:12

 

フランス パリ UTC+1 あり 5:48:49 21:58:21

 

ちょっと待って!フランスは農業国だった。

農業国フランスは、この日の入りの遅さは、そのまま農業労働環境の問題となっているようです。

 

毎日8時間から14時間の労働に加え、週末も働くという過酷な労働に耐える農業従事者。

 

まさに、朝食後8時から22時まで14時間労働となってしまっている。。

www.newsdigest.fr

 

緯度が高ければ太陽への角度によって、日の入りが遅くなるのは自明であり、北欧の白夜などは有名ですから、今更驚くことではないのですが、当たり前が、当たり前でない場合があることを、実感。

【読書/映画感想】20170705 四季(春・夏・秋・冬)著:森博嗣

【読書/映画感想】20170705 四季(春・夏・秋・冬)著:森博嗣

 

四季といっても、季節のことを描いた小説ではありませんで、天才少女・真賀田四季(マガタ・シキ)の生涯(生涯というのには語弊がある)とその影響を描いた四部作。

f:id:emandai34:20170625182417j:plain

しかも、マガタシキに関しては、2006年に刊行されたこの文庫より遥か11年後の2017年に文庫化された最新の「青白く輝く月を見たか」や「すべてがFになる」にもその姿は登場するので、いったい彼女の生涯は閉じたのかどうかも謎に包まれています。

page.auctions.yahoo.co.jp

 

あらすじ的な

春編。

その少女時代。既に天才と認識され、飛び級で13歳でプリンストン大学のマスターとなっていて、それでも彼女にとっては、この世の全てが遅すぎるという超絶頭脳。

夏編。

ある特別な研究のための研究施設をある島に造り、そこでとんでもない事件が勃発する。そして彼女は子供を身ごもる。

秋編。

”事件”のあと行方不明となった四季が残したメッセージに従って犀川助教授と西之園はイタリアにとび、四季の秘密の一部があきらかになる。

冬編。

今後の様々なシリーズに繋がるであろう研究成果の達成?がにおわされ、しかし、小説は難解で謎に包まれてひとまず終わる。。。

 

冬編には、すでに、ウォーカロンという実体が登場する。これは、のちに「彼女は一人であるくのか」から始まるシリーズへのワンタッチ。それは、その後のテーマとなる、何をもって人間なのか。脳なのか、記憶なのか、考えなのか、体なのか。の、具体的なモデルにもなっている。

 

こんなに人が死ぬ

マガタシキは、いったい何人殺したのか?具体的な描写以外にも死体が上がってくるが、それをまるで人類の進歩のための必然のように殺して行く。殺人の描写より其の前後の心理描写の冷酷さがあまりにもススっと流れて行くように描写されるが故に「あれ?今の?」とさりげなさ過ぎて、却ってゾゾゾっとする怖さがある。

 

時空超えすぎ

冬編では、時間も空間も超えてしまっていろいろな事が断片的に、四季の頭脳の早さで短いフレーズで記述されるが、もうついていけない。何が書いてあるのか、アタマの中の映像がついて行けない。もっと若い時に読めばよかった。

 

どこまでいってしまったのか

観覧車に乗り込んで来た四季を名乗るのは結局ロボット?ウォーカロンだった。ある瞬間に停止してしまったが、その滑らかな動きの描写はロボットとは思えない。そして久慈博士が相対した青い目の女性は四季だったのか?ウォーカロンだったのか?四季だったとしても、そうでなかったとしても、もはやどうでもいいことだろうか? 

 

スッキリしないことに快感を覚える小説だ。 

【半蔵門ビジネストーク】20170704 右側停車の車

【半蔵門ビジネストーク】20170704 右側停車の車

 

先日、駅前に娘を迎えに行った際に、センターラインのある道路で私の進行方向から見て右側にある某コンビニの前に、配送のトラックが停車していました。でもちょっとおかしい。

そのトラックは、進行方向の右車線に停まっていたのです。つまり、通常の左側を走ってきて、コンビニの前で右車線を逆走して、右端に停めた状態。

これっていいの?

f:id:emandai34:20170626134018j:plain

いや。ダメなはずです。道路交通法でも、

第四十七条  車両は、人の乗降又は貨物の積卸しのため停車するときは、できる限り道路の左側端に沿い、かつ、他の交通の妨害とならないようにしなければならない。
 車両は、駐車するときは、道路の左側端に沿い、かつ、他の交通の妨害とならないようにしなければならない。

道路交通法47条 (停車又は駐車の方法)

道路交通法

とされています。

 

そういえば、この駐車方法最近よく見かけるのです。

私の居住区の近辺ですと、例えば、学習塾のお迎えや、郵便局前の路上など。

 

たしか自動車教習所でも、停車は左側と教わりましたし、なにより、上のように停車するためには、一時なりとも逆走する状態になるわけで、それを許していたら、危険極まりなくなってきます。

いやもしかして私が免許取得したのは、35年以上前なので、ルールも変わっているのか?と思い、取ったばかりの次女に聞いて見ると、そんなことはないそうです。

 

同じ間違いがあちこちで見られているようです。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

基本的に、車を停車、駐車していいのは、左側。

右側でもいいのは私道か一方通行路。

 

自転車の右側通行だって逆走だし、最近、こういるルール破りが多い気がする。やばい兆候の感じがします。