ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【ODRピックアップ】20140410 24

【ODRピックアップ】20140410  24

 

といっても、ジャックバウワーのあれではありませんw。

 

主要国の銀行が24時間の国内送金サービスを行なおうとする動きがでています。ご存知のように、銀行間の送金は、午後3時を過ぎると翌日決済となっています。これは土日祝日を挟むと翌営業日の朝になり、すぐにお金を引き出したい場合や、振り込み期限がある場合には不都合が生じる場合があります。

 

現在の銀行間取引システムは、実際の現金を飛び交わせる訳もなく、日銀の交換システム=全銀システムを経由して、各銀行の残高の増減を行なっています。これが一日一回まとめて行なわれるバッチ処理といわれるもの。3時までの取引は、他銀行の受け取り側のリアルタイムで反映されますが、日銀と行なわれるバッチ処理のために、3時までの取引を取りまとめるため、3時以降の取引は翌日分になってしまうのです。

 

既に英国は、2008年に24時間の即時送金サービスを開始し、それまで3日かかっていたものを改善しました。続いてシンガポールも2014年中には英国の会社と提携しサービスを開始します。オーストラリアは2016年を目処にサービスを予定している他、米国も新システム導入の方針です。

 

日本では、2010年の規制緩和でドコモ口座による個人間の送金や海外の事業者の進出で、銀行以外でも送金ができるようになりました。ペイパルは、日本の銀行も登録することができるようになっているので、ペイパルを持った人同士であれば、24時間決済可能です。こうなると、24時間決済できない銀行サービスは不便なものと感じてしまいます。ビットコインの登場は、投機対象としてのコインが着目されていましたが、決済手段としての側面も、銀行24時間サービスへの契機として働いたとも言われています。

 

http://toyokeizai.net/articles/-/33158?page=2

 

ただペイパルもドコモも、決済はできるものの、最終的なお金を引き出す機能は、銀行口座に依存しますので、やっぱり週末にお金を送っても、銀行口座に反映されるのは翌日以降。やはり24時間サービスは待望されています。

 

  *   *   *

先日、娘から

「お金を振り込んで欲しい」

と金曜日の夜に連絡がありました。

「いいよ。ただ、金曜日の夜だから、実際に振り込まれるのは月曜の9時だけど?」「えーなんで?それじゃ間に合わない!もうー!!!」

と、なんだか私が役に立たないお父さんになってしまいました。

 

  *   *   *

ところで、山下達郎さんのライブで、娘さんに関するトーク。

「先日学校でお父さんについて書きなさいという課題があったんですが、ウチの娘がなんて書いたかというと。。。」

“ウザいけど、時々使える”

 

どこも同じなんですね。