ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【ODRピックアップ】20150421 訴えるのは難しい

【ODRピックアップ】20150421 訴えるのは難しい

 

少し前の帰省時に、84歳になる父親と酒を酌み交わしていると、

 

「この間危なかったんだ。車に当てられた。」

 

と、ぼそり。

 

「え〜〜?」と驚いて思わず身を乗り出しました。

 

聞けば、日課の散歩に出た際に、家のすぐ傍の交差点を渡っていると、右折してきた車のミラーに肘が当たったとのこと。

 

「転ばなかったから大丈夫だ」

 

といいますが、年齢が年齢ですから、後遺症などもあり得ます。

 

「すぐ警察を呼んだんだろうね」

 

と詰め寄ると、

 

ばなかった。運転手は大丈夫ですかと降りて来たけれど、大丈夫だといった。」

 

田舎の人のいい面でもあり悪い面でもあります。

 

「後遺症があったらどうするんだよ?」と

 

つい気色ばむと

 

「それが、斜め向かいの山田さんの従兄弟だったんだ」

 

田舎の人のいい面でもあり悪い面でもあります。

争いごとになると、ご近所の付き合いに支障が出ると思ったのでしょう。ちょっとした事故を我慢してしまう傾向。

事故の場合は、保険会社が全て間に入って交渉からなにからやってくれますし、念のための通院医療費も賄ってくれます。通院に応じて慰謝料も基準があり用意されています。父親にはくれぐれも軽症と思っても人身事故の場合は、警察を呼んで処理をしてもらうようにいいましたが、多分、言う事は聞かないでしょう。

 

訴える。警察沙汰にする。苦情をいう。

 

我慢することは美徳とされてきた日本社会の弊害。

 我が両親は争いごとを飲み込むことをよしとしています。

先日、友人の夫婦数人と話題のスカイツリーツアーに参加しました。無事スカイツリーを見学して、下に降りてくると、一緒にいたツアーの一団がいない。。少し探して見つからないので、添乗員の携帯に電話すると、既に浅草に移動してしまった。。。あとで聞いても腹立たしいのですが、田舎の老人を預かったツアーで、点呼もせずに参加者をおいてきぼりにするなど言語道断。さぞや、丁重に謝られたのではと聞くと、2回電話があっただけとのこと。

 

それだけ?

とこれも詳しく聞いてみると、我が両親。

「沢山の年寄りを連れていて気持ちにゆとりがなかったんだろうて。」

それにしても、

「一緒にいった友達もいないことに気がついてくれないのか?」

と、矛先を変えると、

「みんな自分のことで一生懸命なんだよ」

と、人が良すぎる。。。

 

しかし、この対応。この世代の日本人の典型ではないでしょうか。

訴える。警察沙汰にする。苦情をいうことをよしとしない。

もめ事になるくらいなら黙っている。貸しだと思えばいい。

きっと感謝してくれる。

 

f:id:emandai34:20150413151744j:plain

  *   *   *

 

TPPや様々な側面でのグローバル化

「日本は暮らし易い」と言われるのは、恐らくこんな側面も含まれています。

 

私は親のその面を引き継がなかったのは、

幸か不幸か。