ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

懺悔というかカミングアウトというか

懺悔というかカミングアウトというか

 

父親が入院したのは3月の半ばだった。深夜に「救急車を 呼んでくれ」と訴えたらしい。それでもしっかりしていたのでタクシーを呼んで救急へ。朝になって重度の肺炎だと判明し、一時は「覚悟を」とまで言われたもののステロイド剤などでどうにかこうにか。。

見舞った父はいつものように毛筆で日記をつけていた。何十冊目かの大学ノートには古い新聞記事が挟まっていた。

それは、何十年も前の新聞の切り抜きだった。第八回県中学総体の特集コラム。私が中学3年。15歳。42年前の記事だ。

f:id:emandai34:20150523011814j:plain

コラムには自分の名前があった。

f:id:emandai34:20150523012043j:plain

父が引いたのだろう。私の名前に赤線。

記事は、卓球の部門での優勝候補だと、友人と私があげられている。

そうだ。当時、私の中学は、2年前の全国大会で優勝。前年もベストエイト。県大会は何連覇もしていて優勝は当然と目されていた。記事でも”ずば抜けた力”と持ち上げられている。確かに緒戦では優勝していたし、実力もそれなりにあったのだと思う。

しかし結果は、個人戦も団体戦も勝てなかった。伝統に泥を塗った。

なぜか?。。。。。

 

逃げたからだ。

練習はつらくなかった。鍛えられていたからハードトレーニングなんてなんともなかった。なにから逃げた?

がむしゃらにがんばることから。真剣になにかをやることから。

いや。大人の期待に答えることから?

いや。頑張った結果負けることへの恐怖感から。

 

たぶん。それ以来。ずっといつも逃げ続けている。

今もだ。