ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【ODRピックアップ】20150704 台湾の結婚式

【ODRピックアップ】20150704 台湾の結婚式

 

台湾は、2012年までは毎月打ち合わせ等で訪問していましたが、体調を壊してからは控えており会計報告で支店長に来日してもらったりしてすっかりご無沙汰していましたので、実に2年ぶりの訪台。キティジェットのEVA航空はキッズと日本人のご婦人ツアーで満席です。

f:id:emandai34:20150704110140j:plain

土曜日は朝から会議。早朝でないと混雑する豆乳と小籠包の地元店で、食べながら四方山話と打ち合わせです。台湾は、朝食も外食が一般的で、街中を歩くとどこも列ができています。今回断念した華山市場の店は、土曜日朝7時半ですでに2階の店から1階の1ブロック分の長蛇の列でした。すごいな。。相当美味しいのでしょうか。

f:id:emandai34:20150704110210j:plain

今回は、仕事のほかにもう一つの重要任務が。知り合いの結婚披露宴への出席です。海外のこうした行事は、イスラエルの成人式にあたるバルミツバ以来。結婚式は初めてですのでかなりワクワクしています。タクシーを拾って途中友人を拾って会場に向かいます。

初めてなので事前チェック。ご祝儀はどうするのか?

一般的には、紅包という赤いお祝い袋に、割り切れる数字の金額を入れるということで、発想は日本と同じ。日本式の袋も喜ばれるということでセブンイレブンで購入していきました。割り切れるといっても2で割れればいいということではなく、2000(台湾元。約6000円〜8000円。以下省略)3000、5000はダメ。4000も4なのでダメ。よって6000が妥当か?2600という線もあるそうですが、ちょっと少ないかもという意見により6000台湾元(18000円〜24000円 円安〜)

f:id:emandai34:20150704194551j:plain

服装は、非常に自由というか、みんなポロシャツ。新婦のお父さんでも開襟シャツでした。私は仕事用のスーツでネクタイ、カフス、ポケットチーフでしたが、浮く浮く。ネクタイしているのは、私以外では新郎のみw 蝶タイとかしたらあきらかに新郎扱いされるでしょう。

会場の照明が落ちると新郎がお母さんと入場してきます。そして、続いて新婦がお父さんにエスコートされて入場。新郎が途中まで迎えに出て、お父さんから新婦を託されるという教会スタイル。お父さんが娘を抱きしめて涙し、なかなか離したがらないのは国は違えど同じ。もらい涙。

 

従来の結婚式は、新郎側、新婦側それぞれ別々にやっていたそうですが、最近は合理的に両家合同で済ませることが主流だそうな。式の進行は、司会者がいますが、スピーチや余興もなく、乾杯してあとは懇談。お色直しでの入退場2回、各テーブルを両家全員で廻っての乾杯と非常にシンプルです。新婦から友人へのくじ引きによるプレゼントと会場の誰かに電話をかけて臨時カップル成立というサプライズ以外は、淡々と進みます。勝手に談笑するので実にリラックスしています。

f:id:emandai34:20150704195317j:plain

スクリーンには、バッチリコーディネートされた新郎新婦のモデル風写真が映し出されていて、これも邪魔にならずにいい感じ。

f:id:emandai34:20150704195308j:plain

 そしてアイスクリームとフルーツが出てきて、隣席の人が、「これで終わりだと思います」と教えてくれました。締め的なものはなくダラダラと散会になりますが、これも台湾スタイルっぽい。

会場を出ると一同がお見送りで出迎えてくれて、新郎新婦と記念写真で終了。

日本から来たということで、母上も喜んでいただいたようで、来た甲斐がありました。

f:id:emandai34:20150705073345j:plain

次は、台湾原住民の方々の式にも出てみたい。。。呼ばれればね。