ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【ODRピックアップ】20150716 受信箱と”いいね”のない生活

【ODRピックアップ】20150716 受信箱といいねのない生活

 

これでも随分と週末や休暇中はメールやソーシャルを見ないようになったのですよ。

 

そう。

確かに以前は、週末でも旅行中でもちょっと時間があくとメールやスマホを開いてメッセージを確認していました。そのころは、子供たちも小さかったので、家族は携帯を持たず、私だけが、「仕事のメールがね。。。」と言い訳をして白い目を浴びていたものです。

 

そう。

あれは、本当に仕事がどんどん飛び込んできていたのでしょうか?

実際思い返してみると、受信ボックスにきていたものの大部分がメールマガジン、次に多いのが直接返信の必要のないCCで送られてきたメール、そして、休暇等の終了後のミーティングの依頼。。。実は、急いでみるまでもない主旨のものでした。

 

それでも見なくてはいられなかった。

今改めて思うと、いや、たぶん今でも、会社や仕事を遠ざかっている時に、仕事と切り離されてしまう事が怖かったのでしょう。より具体的には、休み明けに、やや緊急性の高い内容のメールを見て慌てふためくのが怖かったから。「休暇でメールを見るのが遅れまして。。」という言い訳に、「そうですか(大事な時に休んでいるんじゃねーよ)」と言われる(思われる)のが怖かったからとわかります。

 

でも、ここに研究者ダナ・ボイドさんの正論。

www.lifehacker.jp

彼女は豪語します。

「バケーションを取る際、私は必ず全ての責任を果たしてから出発します。」

連絡先は別途手配してあるそうですが、業務復帰後も、休暇中のメールは「ゴミ箱」へ。。。流石にそれは大胆ですが、「返信はしない」というくらいの徹底はいいかなと思います。

つまり、「責任を果たしてから」というのは、単に仕事を済ませるだけでなく、休暇中なのでメール見ないよということを予め通知しておくのでしょう。この潔さ。

 

私も含めて多くのビジネスパーソンがとる対応は、

  • 旅行や休暇はあまりアナウンスしない
  • 忙しいのに休んでるといわれたくない、思われたくない
  • 故に休暇でもメールを見たりして、必要の場合は返信して、仕事中を装う
  • 何食わぬ顔で復帰し、残った問題があれば対処する

 

こりゃ、休んだ気がしないわけです。

f:id:emandai34:20150715155448j:plain

 さらに最近は、ソーシャルメディアの”いいね”も気になってしまう。実際、”いいね”がくると嬉しいもの。。あ。。。いかん。依存し始めたか。

 

   *   *   *

 

最近は、旅行中や外食中でも、スマホを触っているのは家族達。私にはめったにメールも来ませんので、白い目で見てやっています。娘達は意に介しませんが。。。w