ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【ODRピックアップ】 20151014 カレンダーにToDo

【ODRピックアップ】 20151014 カレンダーにToDo

 

某弁護士さんのfacebookコメントに、Todoリストについてありました。

 

  • 兎に角忙しい。ToDoリストは必須だ
  • 紙のToDoリスト希望だが、そこにないとできない
  • メモ帳持ち歩くの忘れそうだ
  • デジタルはどーもスカッとしない

 

少数体制で仕事をしていると、いろいろとマルチ処理をする必要がありますが、そのためには各人がタスクを整理しておく必要があります。モノの本に寄ればToDoリストを作ればいい!とあり、それを信じて、いろいろなツールをあれこれと試し、体験記を読み込みましたが、実は、リストを作るとそのための時間が結構かかります。さらに、出来なかったToDoを更新しないと役に立たないので、メンテナンスの時間が増え、ToDoリストにはToDoリストを更新する時間が載っていないので、思った通りに管理できなくなるという罠。更には、ToDoリストを持参していなかったり、間違っていたり、殴り書きで読めなかったりと、結局ツールの持ち腐れが続いていました。これは、まだデジタル化が進む前の話。

f:id:emandai34:20150328162914j:plain

 

やがて、スマートフォンが普及し、Googleを始めとするデジタルツールが無料で使えるようになりましたが、紙の手帳が大好きなので、それを続けていました。やがて、無料のデジタルツールを使う人が増え、一緒に仕事をする人ともそれを共有することになり、情報の多元化が。すると、手帳にあるけどデジタルにない、あるいはその反対の状態が発生。

外資系企業のお客様は、デジタルで会議予定を入れてきます。すると自動的にカレンダーにも登録されてしまい、もはやデジタルスケジュールを避けるわけにはいかなくなりました。もう仕方ありません。。。。

手帳はあきらめ。あくまで自分の気分のメモと割り切り、スマホのカレンダーとGoogleスケジュールを自動連動させ、ToDoをスケジュールとしてカレンダーに書くという方法を採用しました。

 

f:id:emandai34:20151008125443p:plain

即ち。

本来予定表に入れる会議予定、出張予定などに加えて、電話する予定も、考える予定も、買い物も、事務所のゴミ出しも、病院も、ランチ予定も、全てのToDoをスケジュールに入れるように統一しました。

もしできなければ優先度を再判断して、その場で、すぐにリスケジュール。これでToDoリストの更新になります。

ポイントは、あくまでスケジュールとして時間帯を決めて書く事。単なるToDoリストは、”それ”を見る習慣がないと、忘れてしまい、単にリストが溜まるだけですから。

 

こうすると、その時間になるとアラームされて、雑談中でも、行動に移せます。相手も、スマホのアラームで、「でなくていいんですか?」と配慮してくれて、話などを中断するのもやりやすい。

 

というわけで問題は解決しましたが。。。

頼りすぎて、明らかに記憶力が衰退。ここに書いていないと、まったく記憶から抜け落ちてしまいます。後天性年齢過多による健忘症。