ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【ODRピックアップ】20151118 恒例ODRの授業@慶応大学

【ODRピックアップ】20151118 恒例ODRの授業@慶応大学

 

2008年から毎年この時期になると呼んでいただいて、法科大学院の学生さんにODRに関する授業を行なわさせていただいています。

昨年のまとめ。

odr-room.hatenablog.com

実は、今年もそれほど大きな変化はないのですが、国連のワーキンググループで継続しているODRに関する法規範の作成、手続きの共通化などを目指した検討が、まとまりつつ。。というかまとまらない方向にまとまりつつあるというのが、ODR界としては、やっぱりねと思いつつも残念!なことです。

 

難航していた理由の最大のポイントは、欧州、日本などに共通する「消費者と事業者の事前の合意に関わらず、調停、仲裁、裁判を選べる」という消費者保護が強い考え方と、米国の「あくまで合意優先」という契約至上の考えがぶつかったまま5年近く議論をしてきたわけですが、その間に欧州は域内のADR指令、ODR規則が決定、施行されつつあり、”もう域内でやるからいいよ”と言い出した欧州と、”APECなど他の経済協力内でやろうか”と言い出した米国で、実質物別れで、これまでの議論を「国連レコメンド」と言う名の単なるNOTEとして出すだけになりそう。。。

 

しかし、事業勢はもたもたしているなら始めちゃうよとばかりに、現実的なツールを公開しはじめました。

欧州のYoustice.comでは、以下のようなフレームワークを用意しています。

Youstice - Shopping complaints handled and solved

1)欧州のルールに対応して、ショップ側は予め、認定されたODRプロバイダーを複数選択しておくことができます。例えば、SMALLプランだと、月額13USドルで、2つのショップが2つのODRプロバイダーを紛争解決に用意しているということ。

f:id:emandai34:20151114191636p:plain

2)消費者は、無料でショップに対してクレームをし、ショップが用意したODRプロバイダーを介して、紛争解決することができます。(最初は、直接ショップとオンラインで話をして、解決する場合もあります。それで解決できない場合、より公平な決定をしてくれるのが、ODRプロバイダー)

3)ただし、消費者がもしも「(事業者がアサインしたのではない)中立的なODRプロバイダーを間に入れたければ、その費用を一部負担する場合もあります。

 

これは、欧州の新しいルールODR規則で、ODR事業者を各国とも用意しなければならなくなったので、こうしたシステムが実現するという側面もあります。

 

日本は、ODR事業者も少なく、例えばIT業者がシステムを開発してそれをODRビジネスにしようとしても(はっきりしない面もありますが)弁護士法によるシバリもあり、このシステム導入される段階になっていません。

むむ残念。

 

今日の授業で新しく法曹を目指す生徒さんたちが、この分野を目指してくれることを。

ODR FORUMでは、毎年言われています。

 

「次は日本で開催するんだろ?」

 

  *   *   *

 

「最近の学生は大人しいくてね」

と先生は嘆いておられましたが、

 

「初期のODR紛争は匿名で争われたのでしょうか?だとするとどのように執行したのでしょう?」

「運営上の財源は、各国で様々な形態があるようですが、産業界、国家、地域連合など、どの方法ならうまくいくのでしょうか?」

授業終了後も、残って質問する学生さん。

「日本は、15年程度遅れてODRがスタートしたと見られますが、なかなか進まないのは開始の遅れが理由ですか?」

 

いくつかの質問もしっかり出てきて、秘めた思いの学生さんたち。