読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【ODRピックアップ/半蔵門ビジネストーク】20161115 日本製パソコン

【ODRピックアップ/半蔵門ビジネストーク】20161115 日本製パソコン

 

IBMレノボにPC事業を売却したのは2005年。2011年には、NECが続き、2016年、富士通レノボへの売却を発表しました。IBMは別にして、二大国産PCが外国資本傘下になったことは、パソコン黎明期を業界で過ごした一人としては感慨深いというよりショックです。

技術の問題ではないのです。経営問題。事実、レノボ傘下になったあと、NECの米沢工場を訪れたレノボの社長はその技術に着目し、海外市場を狙う製品が開発されています。

news.livedoor.com

 

残っている日本製は、東芝VAIOソニー)、パナソニック

 

2015年には、投資ファンド日本産業パートナーズ)が、東芝VAIO富士通のPC事業を統合して上場を目指す話もあったようですが、東芝の粉飾会計が明るみに出て、白紙になってしまったので、富士通は独自に再建の道を探し、その結果がレノボだったということです。

現在は、レノボ、HP、DELLで全世界の50%のシェアを占めており、もはや日本製PCは、ローカルな需要のためだけに存在しているようです。

biz-journal.jp

気になるのは、政府機関などの購入は、中国メーカーであるレノボ製は選択肢となるのかどうか。ブランドとしては存続するかもしれませんが、どのような技術的な影響が出てくるあるいは表面にはでなくても組み込まれるのかもしれません。ちょっと陰謀論ぽいですが、その懸念がつきまといます。

f:id:emandai34:20151003010100j:plain

 

そういえば、若い新入社員で、デスクトップPCを知らない世代が登場したとか?

学生時代にノートPC、あるいはタブレットスマホにしか触れていない。

デスクトップとそれらの一番の違いはなにかというと。。。。

 

バッテリーがないことなんですって。