ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【ODRピックアップ/半蔵門ビジネストーク】20170330 iPhotoのデータを移行するのは大変だった

【ODRピックアップ/半蔵門ビジネストーク】20170330 iPhotoのデータを移行するのは大変だった

 

壊れたキッチンのiMacのその後。

www.odr-room.net

 

正規ルートでは修理できず、修理専門の会社を探して、裏技的修理依頼。こちらは、東京事務所用の予備機として復活となりました。

 

キッチン用は最近の機種を購入

 

キッチン用の家族共用は、新規購入。DVDドライブは最早搭載されていないという驚きもありましたが、最近の機種を購入。

一番の課題は、バックアップされている数年分の写真データと、iTunesに登録された音楽データおよびiPhoneへの同期データの復元です。

 

まず、iTunesの音楽データ

こちらは、ファイル形式が変わっていなかったので、バックアップデータをそのまま移動させることで、比較的簡単に復元できました。ただ、バックアップ(Macの場合は、Time Capsulというハードウェアに自動的に保存されてます。)からの大量データのコピーは、有線LAN経由でも時間がかかります。一気にコピーしようとしたところ、途中でエラー発生し、やり直し。どこまでコピーできたかを確認するのに手間取り、1日経過してしまいました。

 

iPhotoの写真はやっかいだ

iPhotoは、バージョンの問題で少々手こずりました。

まず、壊れた機器のiPhotoは、Version11でした。故にデータもその形式。

新しい機器は、最新なので、iPhotoも最新。故に、古いデータは読めませんとなる。。。

自宅本社のメイン機器は、実はもっと古くて、iPhotoバージョンが7。当然、新しいVersion11のデータを読めるはずもなし。

では、7を11にバージョンアップしようとすると、AppStoreをアクセスしてみると、すでに11はダウンロード対象でなくなっていました。

はてこまった。。。

そこで、閃く。Macでは、アプリケーションはコピーすれば動くことも多いという経験値。バックアップにある11のアプリケーションを7にコピーすればいいのでは?

f:id:emandai34:20170321201316j:plain

 

ビンゴ!無事にバックアップからのデータを開けました。

 

データエクスポートしかないか

しかし問題はまだ解消していません。最新機器では、11のオリジナルデータを読め無いので、11で読み出して、それを個別の画像ファイルに出力する必要があります。

これはデータエクスポート。全部で97GB(!!)もあります。エクスポートして、最新機器のファイルに出力。手作業も介在するので、これまた丸一日。。。

 

写真データを便利に取り込めるツールがあるのはいいことです。便利に使えて管理もしやすい。簡単な画像加工もできる。しかし、データが1ファイルに統合されているのは、こうしたバックアップやそこからの復元の際には一苦労。結局、次々と最新の高機能、ハイパワーの機器を購入し続けなくてはならないのでしょうか。

ちょうどいい具合に、2年くらいたつと、調子が悪くなり、修理に持っていくと、修理するより購入したほうがよいと思えるような、最新機種が取り揃えられている。。。

 

スティーブ・ジョブズは、この点でも天才だった。。。?