読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【半蔵門ビジネストーク】20170421 優しい励ましの罠

【半蔵門ビジネストーク】20170421 優しい励ましの罠

 

解散したSMAPの大ヒット曲「世界にひとつだけの花」は、競争しないでオンリーワンでいいんだと優しそうですが、現実的には、オンリーワンになる競争になってしまう。何をやっても、「あ!これオンリーワンじゃないじゃん」と気付く。

オンリーワン競争。。。

 

結局そんなに甘くないってことだ。

 

 

 

【努力】とは、続けることだというけれど、そんなに甘くないんじゃないか。

 

毎日ちょっとずつサボるといずれはゼロに近づく。0.9x0.9x0.9x...
少しずつ頑張ると、少しずつ増えていく。1.1x1.1x1.1...
ナンバーワンじゃなくてもいいが、昨日の自分には勝たなくちゃいけない。

本当は昨日以上を目指し続けなければならない。本当はね。

 

【チームワーク】とは、支え合うことだというが、そんな美しいもんじゃないんだ。

 

0.9しか力の出せないメンバーを助けると、0.9x1=0.9 チーム力は低下する。0.9x1.12でやっと1を超えられるが、一人が1.1では息切れして長続きしない。
1.1x1.1で1.21 それでチームの意味が出る。
力の落ちたメンバーを勇気をもってはずすのが優れた監督だ。

身の丈=1でいいというが、それじゃ誰も守れないんじゃないだろうか。実際はね。

【足し算じゃだめなの?】っていうだろうな。

 

もちろん足し算でもいい場合もあるけれど、足し算でうまくいくなら、努力は必ず報われるし、チームワークは人数が多いほうが勝つだろう。しかし、実際は、一気に乗数が大きくなったときみたいに後発に大逆転されるし、けが人を引っ込めたチームが形成逆転することだってある。それは足し算でないことの証ではないの?

 

f:id:emandai34:20151204172558j:plain

 

【若いんだから】

4月14日の日経新聞朝刊。小泉進次郎衆議院議員のインタビューで、

「若いんだから思い切ってやってみろ」の裏にある失敗を待っている、失敗すれば叩かれて潰されるという政界の厳しい罠に触れている。もちろん、親の目線のような暖かいものもあるが、潰し合う場合もあるという現実。

 

 

優しい励ましの言葉にある罠が気になってしかたがない。