ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【半蔵門ビジネストーク】20170727 約束のバランス

【半蔵門ビジネストーク】20170727 約束のバランス

 

約束は破らないようにしている。できない約束はしないに越したことはないが、その場の雰囲気に流されてできない約束を交わしてしまうこともある。 でもそれは自分の落ち度。交わした以上約束は極力守るようにするのが当然の義務だし自分の流儀と思っている。

f:id:emandai34:20141113085221j:plain

以前、 台湾の支店長とよく議論し言い争いになったのは、

「約束は守るべきだが守れない理由が正当ならば謝罪は必要ない」

と言う彼女と、

「約束は守るべきだ、 だから守れなかったらまず謝罪し理由を説明して理解を得ることが礼儀だ」

という私。

www.odr-room.net

最近、 日本でも前者の思考回路の人が増えて来たのだろうか。

 

今回も、ある人と約束を交わし、その時期が近づいたので確認すると、家族が来訪する理由を説明し始め、 黙って聞いていると謝罪もない。家族の事情はやむを得ないし、理解できる。だからといって謝罪は不要なのだろうか。

 

前述のように自分は約束が守れなければ例え自分の怪我であろうと謝罪し、そこから理解を得る努力をする。

 

それが自然だし、誰も損をしないと思うのだが、歳をとったオヤジの冷水なのだろうか。釈然としないまままた同じ人物とコミュニケーションを続ける。 

 

どうも約束のバランスが悪い。 こちらがもっとゆるやかにすればいいのだろうか。まだ腑に落ちない。