ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【つれづれ】2070806 まだ続く  くさかりまさお  

【つれづれ】2070806 まだ続く  くさかりまさお  

 

いよいよ最大の難所  栗畑。何せ広い。

半日やったところで雨天順延。

あとこの3倍はある。

f:id:emandai34:20170724222344p:plain

f:id:emandai34:20170806002736p:plain

脱水に注意と、所ジョージがCMで言っている。

 

中学時代入っていた部活動は2学年上の先輩が全国制覇をした伝統校でトレーニングが厳しいかったのは、今でも同級生が集まると宴会の話のタネである。それと共に特定の部活動によらず盛り上がるのが「練習中の水補給」。

今では脱水症状の危険性が認識され、練習中には寧ろ頻繁に水を飲めと指導されるが、当時は、水を飲まないで根性を鍛えるとか、緊張を維持する方向でのトレーニングが主流だったのか、2〜3時間のトレーニング中に水を飲むのは休憩時間のみだった。汗をかいても飲まない、飲ませないのが当たり前だったと認識は共通している。他校や近い世代に聞いても同様なので勘違いではないだろう。昔は脱水症状なかった?

確かにそれで倒れる人はいなかった。

世代問題?いや、だとすれば、所ジョージは倒れない。

そして確かに今でも、水をあまり飲まないでもいられるのは鍛えられたのか?いや、病院で定期的受ける検査では、もう少し水を飲んでくださいと指導されるのだから、体は欲している筈だ。

 

部活動で耐えられたのは若さだったのだろう。

今、体が水不足を検査で示すのは年齢のせいだ。

所ジョージも昔は耐えられたのだろう。彼の脱水も昔を過信して遣り過ぎたのだ。年のせいもある。

残ったのは、今でも水を飲まなくても大丈夫(なように感じる)のはトレーニングの悪癖だ。

 

水はしっかり飲むことだ。