ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【半蔵門ビジネストーク】20171031 アンチ終焉

【半蔵門ビジネストーク】20171031 アンチ終焉

 

昔からアンチはある。

例えば父親は、アンチ巨人だ。他の球団が好きなわけではない。ただアンチ巨人。巨人に文句をいう。

「ファンじゃないの?」

「いや、だめだ巨人は。」

しかし、見る試合は巨人戦オンリー。

巨人ファンじゃないの?

 

父親はアンチ大河ドラマでもある。

毎回見ている。非常に詳しいが、アンチ。「時代考証がダメだ」とか、「配役がダメだ」とか、いろいろ批判がつきない。「好きだね〜」というと、「いや!違う。この大河はダメだ」と言い張る。

大ファンにしか見えない。

 

報道にはアンチ要素が多い。

報道メディアは、監視機能を持つという。スポーツも、芸能も、政治も、国家もアンチの対象だ。力を持った組織や人に対してアンチが唱えられてばかり。結果や、芸や、政策やその成果ではなく、まずアンチありき。そういう風潮になってしまっている。長年かけて。

報道はアンチのほうが読まれ易い。主張を正面から読み解くには時間も知力もかかる。批判は簡単だ。つまみ上げてそこだけを批判すればいいのだ。

 

考えてみればわかるが、アンチということは、アンチXX。まずXXがあり、それに対するアンチ。反対の主張。アンチ単独では成り立たず、XXが消えればアンチも消える。反XXもそう。XXが消えれば、反も成り立たなくなる。

 

学校が、会社が、中央が、運営が、フロントが、営業が、広報が、技術が、企画が、XXがダメだからと、反XXの批判は誰でもできた。部分を捉えるから間違いも少ない、全体的なバランスもいらない。小さな解決は目指すが、全体値や将来の戦略的ではなくてもよかった。

f:id:emandai34:20100513221952j:plain

アンチ最大の問題は、XXがないと存在できないこと。誰かの前に、なにかの前には存在できないこと。アンチが知的。それが戦後の長い間の日本社会だった。それが成功戦略だった。今だにそうだ。

 

さて、しかし。そろそろアンチはやめよう。終焉だ。

でも気をつけて。反アンチもだめだ。笑