ODR Pickups/半蔵門御散歩雑談

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【半蔵門ビジネス雑談】20180111 メールが届かないことは自分ではわからないのである

【半蔵門ビジネス雑談】20180111 メールが届かないことは自分ではわからないのである

 

当たり前なのだが、自分宛のメールが届かないことは自分では決してわからない。メールを送った人が届いていますか?と聞いてくれるか、エラーになって戻ってきましたと指摘してくれないと、自分でいくらメールの送受信ボタンを押してもわからないのである。

 

自分のメールシステムがエラーを表示している場合は別にして、メールが届かない理由は、

1)メールサーバー自体に問題がある 

2)メールボックス容量オーバー 

3)教えたメールアドレスが間違っていた 

 

などであろうか。

 

3)は論外、

1)は、不可抗力に近いので、

自分で気をつけるのは、

2)だ。つまり、

受信したメールをサーバーから自動的に削除する

設定をしていない場合が多いのだ。デフォルトでは削除しない設定の場合が多い。これは意外によくある原因なので、改めてチェックしておいたほうがよい。ある日、突然、メールボックスがあふれたことが原因でメールが届かなくなる。

 

チェックするポイントは、メールアカウント設定時の、

「メールをサーバーから削除するタイミング」

である。

 

例えば、Macの場合で、標準のメールを使用している場合だと、

メール>環境設定>アカウント>特定のメールアカウント>詳細 で、

「メッセージ受信後にメッセージのコピーをサーバーから削除」

する指定ができる。所定の日数経過後の指定ができるので、これを適当な期間をあけて削除するようにしておく。

さらに、メッセージボックスの特性タブで、削除したメッセージをゴミ箱から完全に削除するタイミングを指定しておく。「削除しない」になっていると、いつまでも残ることになり、いずれはメールボックスを溢れさせてしまう。

 

Windowsでも同様に、Windows Liveメールであれば、ファイル>オプション>メールアカウントで、詳細設定の中に、サーバーにあるメールのコピーを何日で削除するかを設定できる。

f:id:emandai34:20171204155007j:plain

捨てたゴミの処分は、デジタル世界でも重要なのである。

(はてな1026記事)