ODR Pickups/半蔵門御散歩雑談

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【半蔵門ビジネス雑談】20180319 プロ意識って技術じゃないんだ

【半蔵門ビジネス雑談】20180319 プロ意識って技術じゃないんだ

 

プロである。

私も、私の周囲も。その周囲も。

仕事で報酬を得ているのでプロである。

ビジネスで関わる人々はみんなプロ。。。であろう。

 

プロ意識が欠如しているという言い方がある。

報酬分、役にたっていない?のか?

技術力、スキルが報酬に見合わない?のか?

プロである以上、技術はあることが前提だ。スキルが見合っていることが前提だ。

 

プロ意識の欠如とは、「”プロ”であるという自覚がない」ということだ。

それは技術やスキルや役立ち度合いではなく、”何がプロなのかということの認識が違っている”ことだ。

 

つまり。

ある課題を解決するのに、解決さえすればいいってもんではない。

  • まず解決までの時間が、解決した成果が有効である時間内でなければならない。決算までにシステムができていないといけないとか、成人式までに着物がないといけないとか。
  • 次に、コスト。時間はコストでもあるので、それも含めて、予算の許容する費用以内で解決しなければいけない。コストと時間は少し油断するとすぐに超過する。「湯水のように流れる」というのはよくいったものである。
  • これらを把握し、管理するために一番大事なのが、進行管理。スキルやリソースをもとにスケジュールと作業分担を設計し、それらを関係者に周知し、理解させ、週ごとに場合によっては日ごとに、タイムリーに、状況を把握し、遅れていれば対策を施し、時間とコストと結果が目的に合致するようにしていく。

 

コストと時間、進行管理を認識できないのはプロではない。

f:id:emandai34:20150720171315j:plain


そういいたい。