ODR Pickups/半蔵門御散歩雑談

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

助教(授?)と准教授

助教(授?)と准教授【御散歩雑談】20181025

 

身内が手術を受けた。

無事回復して復帰したが、入院中に関わる医師たちと接していて気づいた疑問。

執刀医の肩書き(役職?)は「准教授」で、主治医は「助教」という職位。病院のスタッフリストを見ると、「教授」、「准教授」、「助教」、「講師」、「医局員」などの肩書きがある。

 

「教授」はよくわかる。その医局のトップの一人で、「XX教授の総回診です!」というあれだ。白い巨塔。ドクターXの”いたしません”でもよく出てきた。

「医局員」は教授も含めた医局に所属する人全部を指すが、役職のない人をいうようだ。これは肩書きなしの医局のメンバーということだ。

「講師」は、大学の講義も担当している人。専任と非常勤がある。

 

「助教」と「准教授」ってなんだろう?自分が入院したころは、「助教授」と呼ばれていたように記憶している。

 

助教授と准教授の違いを確認 | Chase Your Dream !

 

「教授」は、特に優れた研究者で学生を指導する

「准教授」は、優れた研究者で学生を指導する

 

准教授 - Wikipedia

「助教授」は、現在は法律上は廃止された。

 

「助教」は、「教授」、「准教授」を助ける(以前の助手)という位置付けだ。

f:id:emandai34:20180827184743j:plain

 

この名称変更は良かったと思う。あくまで名称による印象に過ぎないが、自分の主治医が「助手」というのと「助教」というのとで、後者のほうが助教授の名残があるせいか、より信頼感が最初から持てる。