半蔵門御散歩雑談/ODR Pickups

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

越境時代ー最重要は物流連携

越境時代ー最重要は物流連携【半蔵門ビジネス雑談】20190205

 

アマゾンで何気なく買い物をする。ちょっと安いなと思うと大抵は中国製だ。中国からの発送で時間はそれなりにかかる。荷物のトレース情報を見ていると、税関を通過するまでは細かい場所はわからないが、注文後翌日には出荷されている。地域によって、到着までの時間は変わってくる。

 

《地域》 《注文日》《到着日》 《所用日》

杭州   6日    17日   11日

石家荘市 7日    17日   10日

深セン  10日 20日ー26日の間  10日から16日

広州   7日   27日までに  20日

 

地域の問題だけでなく出荷体制にもよるだろうが、すでに国内配送が1日というのに慣れてしまったので、10日かかると心配にはなるが、トレース情報がキチンと通知されているのでその点はまあ安心だ。

日本在庫 7日     8日    1日

 

ところで、いずれの海外出荷品も、国内に入ると国内流通業者の手に渡るが、どの業者に渡ったのかがわからないことがある。アマゾンの配送状況には、配送業者が表示されているが、それがデリバリープロバイダーや国内の事業者名になっている場合はそれで荷物のトレースがすぐにできる。

しかし、China Postなど出荷時のデリバリー業者名しか表示されていない場合は、追跡番号を様々な国内業者の荷物追跡のWEBサイトに入力してみて探すことになる。

越境取引のキモは、今や物流のトレーサビリティだ。

時間がかかっても、今、どこにあるか、どれくらいで到着するか、がわかれば、それは安心感を醸成する。

 

アマゾンでは、各配送業者の情報をまとめている。

Amazon.co.jp ヘルプ: 配送業者の連絡先

 

China Postの場合は、日本郵便が提携先になっているようだ。

f:id:emandai34:20181218102623j:plain

 

f:id:emandai34:20181218102632j:plain

迷わずそちらの追跡サービスに追跡番号をいれてみよう。ダメな場合は、地道に探してもらうしかない。

 

中国が出荷元だから心配?今はそうではない。国内は国内の業者がきちんと運んでくれるからだ。

getnews.jp

むしろ心配なのは、評判がよくないのは、アマゾンの場合、デリバリープロバイダ(たち)だ。

 

原因は。。。よくわからないので、ここでは控える。

 

「物質電送装置でも発明されない限り、最重要は物流。」

 

運送業だった親父の言葉が生きている。