半蔵門御散歩雑談/ODR Pickups

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

持ち込みの手荷物一長一短

持ち込みの手荷物一長一短【半蔵門ビジネス雑談】20190607

 

久々の出張。ベトナム2泊3日。帰国日は朝8時出発の便。現地で観光する時間はなさそうだ。

荷造りをするために、現地関連の行動を考える。

 

  • 到着日は仕事なし。スーツでなくてもよい。ただし、一緒に会議に出席する台湾人の友人と外出するかもしれない。
  • 翌日は1日会議。スーツ着用。夕食は主催者によるディナーの可能性。
  • 帰国便朝8時。出発時の服装でそのまま帰ってくる。

このスケジュールだと、持ち物は少ない。

 

スーツ1着、ネクタイ1本、革靴1足、

下着類2泊、ハンカチ2枚、靴下2足、

Yシャツ1枚、帰りのシャツ1枚、

歯ブラシ等、カフリンクス、薬など

 

これまで出張は、REMOWAのスーツケースを使っているが、これらの荷物を入れて見たところ、スカスカ。機内持ち込み可能なサイズのトランクに入れ替える。最近このトランクは使っていなかった。最後に使った際、それまで機内に持ち込みしなかった所持品(ウィスキー、大きな歯磨き、等々)を没収されてしまった。うっかり、持ち込めないそれらをそのまま持ち込んでしまったからだ。それ以来使っていなかった。

 

今回は、着替えも少数、観光で遊ぶ予定もない、特段の土産を買う予定もない、スカスカのスーツケースを持っていってもスカスカで持ち帰るだけだ。機内持ち込みトランクが適当だが、ただし、スーツが入らない。。。

 

ガーメントバッグにスーツとネクタイ。

機内持ち込みトランク。 

f:id:emandai34:20190421220939j:plain

 

昔ながらの出張スタイル復活だ。