半蔵門御散歩雑談/ODR Pickups

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

愛◯との危険なドライブ

愛◯との危険なドライブ【御散歩雑談】20190618

 

連休に実家に帰省した。年老いた両親にも会わせようと、愛◯を助手席に同乗させ、連休渋滞の中をドライブだ。

連休渋滞は、いつもながら半端ない。環八の渋滞、その後関越自動車道もいつもの通りの30Km渋滞だった。

愛◯も退屈するし、休憩もしたくなるし、食事をとらなければならない。何度かの休憩、その都度の短い散策、いつもより時間もかかる。愛◯のための休憩をすればするほど、トータルの乗車時間は増えていくという罠。だんだんと愛◯もじっとしていられなくなってきたようだ。

 

渋滞でノロノロ運転していると助手席でイライラしている愛◯が突然、運転席の私の腕の中に飛び込んできたのだ!!

危ない!!

しかし、愛◯はそのまま腕の中から出て行こうとしない。どうしたことだ。。。

 

愛◯の名前は、ベル。ただし外人ではない。

ベルは我が愛◯=愛犬の名前だ。

 

運転中で一人だったためそのまま走り続けるしかなく、サービスエリアまで膝の上で眠らせて走ったのだが、これは実は道路交通法違反。

f:id:emandai34:20180819160818j:plain

thoz.org

55条第二項で、

 
車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ、(中略)、車両の安定を害し、又は外部から当該車両の方向指示器、車両の番号標、制動灯、尾灯若しくは後部反射器を確認することができないこととなるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。

とされている。

ワンコが膝に乗っていれば、突然立ち上がったり、隣の車両に吠えたり、視界を遮るようになるかもしれない。

幸い事故にはならなかったが、危険運転につながる状態かもしれないのだ。おとなしく寝ていたので、「運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ」た訳ではなく、「車両の安定を害し」た訳ではないので、ひとまずセーフ?灰色セーフ?

 

というわけで、思わせぶりなタイトルはこけおどしにもならずw。

愛犬愛人との危険なドライブなら、相当意味が違って来て、ちょっと自慢するかもしれないのだが。。。笑