半蔵門御散歩雑談/ODR Pickups

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

アナウンス英語対応

アナウンス英語対応【半蔵門ビジネス雑談】20190712

 

すでに気づいた人も多いのではないだろうか。

 

JRや地下鉄、私鉄の車内アナウンスで、行き先や停車駅の案内放送が、これまでは英語をはじめとする外国語は、録音された放送であったのが、最近は車掌さんの生声でアナウンスされている。

すごく流暢な人もいるし、暗記棒読みの人、相当たどたどしい人もいる。

例えば、

「次は京都に停まります」という場合、

 

「We will be brief stop at Kyoto」と流暢な人

「ウィ ウィル ブリーフ ストップ アット キョウト」 と、カタカナ読みの人

「うぃーうぃるーぶり、ぶりーふすとっぷあっとぉ きょうと」 とたどたどしい人

 

なんだか微笑ましい。

オリンピックで、海外の人を迎える準備で、公共機関の職員も英語に慣れようとしているのだろう。

f:id:emandai34:20190115123136j:plain

新幹線も当然そうだが、

先日大阪出張の際に乗車したとき、とてもユニークなアナウンスを聞いた。

 

「つぃはぁ〜きょうとぉ〜きょうとにとまります」のあとに、英語で

「うぃ〜うぃ〜るぅ〜ぶりぃ〜ふぅ〜すとっぷぅ〜あっときょうとぉ〜」

 

と、日本語の節回しをそのまま踏襲した英語でアナウンスしていた。

これは、もしかすると外国の人にはわかりにくいかなと思ったが、それはそれで

インド英語やシンガポール英語、中国英語と同じ、ある種のスタンダードになっていったら面白いかなと思った次第。