半蔵門御散歩雑談/ODR Pickups

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

黒マスク白マスク

黒マスク白マスク【御散歩雑談】20190925

 

最初に黒いマスクを目にしたのは、PM2.5の汚染が話題となったころの台湾だった。

台湾はバイクが多いが、バイクの運転者のほとんどがマスクをしていた。そしてそのマスクはほとんどが黒。中には、赤や黄色などもちらほらと混ざっていた。

自分にとってマスクといえば、白。病院のイメージだが、白ならば清潔な見栄えであり、かつ、汚れが目立つので、汚れれば取り替える目安にもなり、結果として、清潔なマスクをしていることになる。極めて論理的であり、合理的だ。

 

しかし、台湾では黒。なぜ黒?むしろ見栄えが悪い。何より怪しい。ギャングみたい。汚れてもわからない。汚いまま使い続けることになるのではないか?

ikejo.net

理由には少し驚く。

まず、正当性のある理由としては、

  • 竹炭入りで脱臭効果

これは知らなかった。確かに、マスクは外部からの匂いをシャットアウトすることが重要だが、自分の匂いも外に出さないので、長くつけているとキツイかもしれない。

  • 希少性

どこででも買えるわけではないらしく、自分を主張するための小道具ということらしい。

  • ファッション性

白だと全員病人ぽいが、黒は他のいるだと目立つ。おしゃれになっているという。

  • 汚れが目立ちにくい

これは確かにそうだけど、本末転倒?でも、バイク乗りがPM2,5を避けるためにつけるとすれば、白だとあっというまに真っ黒になるのかもしれないので、防御性が高ければ汚れが目立たないというのは重要要素だのかも。

 

f:id:emandai34:20190819145430j:plain