半蔵門御散歩雑談/ODR Pickups

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

週4オフィス週3農業

週4オフィス週3農業【半蔵門ビジネス雑談】20191025

 

最近、働き方をミニ改革した。

毎週火曜日は家業(農業)をしている。季節によっては土日も農業なので、週4日オフィス、週3日は農業となる。休むのは夜。農業の日は午後後半から休みだ。状況によっては農業日を1日増やして、オフィス3、農業4となる。

農業の日に会議が入ると、TV会議で参加する。そのほか、夜の仕事の場合は、農業日でも参加できる。農業は冬はそれほどやることはないので、出勤にする場合もあるし、そのまま休んでいることも可能だ。

f:id:emandai34:20190620144115j:plain

働き方改革が話題だ。

在宅勤務やノマド勤務、サテライト勤務など、40年前から試されたし、議論もされたが、あまり実現していない。台風がきても、地震のあとでも、オフィスに向かう通勤電車はすし詰めだ。

何があってもオフィスに行く?これが始まりだ。

移動時間を使ってオフィスにいく。その往復分を節約できたならどれだけの時間が生まれるだろう。早く家を出て遅くまで会社にいる。当然疲れ果てる。帰宅したならゆっくりしたくなる。子育ての時期なら、夜泣きのミルクタイムも気がつかないほど眠りは深い。もしくは起きたくないから聞こえないふりだ。

だから育児休暇もホットな話題。

1年間育児で休職する制度が話題だ。休暇のその間の仕事は誰かがこなす。ポストも誰かが占める。戻ってきても働けるようにする制度には個人的には懐疑的だ。制度として休めるようにしないと休めないのだろうか。あるいは休まないのだろうか。

 

提案するのは、前述の農業日のようなスタイル。オフィス4、子育て3の割合でいくのだ。仕事のスケジュールも自分と周囲の調整でいけるだろう。急病で休むことがあればその都度調整するだろ?その時にはどうにかなっているのだ。子育て週1休みだって同じ感覚でどうにかできると信じる。

 

普通に柔軟な働き方でいい。それは改革なんてしなくたって、

 

できるんじゃない?できないかな?