半蔵門御散歩雑談/ODR Pickups

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

セルフ給油のワンテンポ

セルフ給油のワンテンポ【御散歩雑談】20191212

 

ガソリンはセルフのスタンドで給油することが多い。セルフの給油所自体が多いし、サービスマンがいるところは、まれだ。自宅近くでは2箇所しかない。あとは高速道路のPAくらいか。サービスマンがいるところは人件費分が高いのだろうと積極的にはいかなくなっている。その必要があるのは、軽トラックに予備でおいておくための給油缶に入れるときくらいだ。給油缶への給油はセルフスタンドでは行ってはいけないのだ。

 

顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所に係る運用について

https://www.fdma.go.jp/laws/tutatsu/items/tuchi1003/180512-ki25.pdf

 

セルフスタンドで給油をする際は、給油量、支払い方式、油種などを顧客が自分で選択し、給油するノズルを操作するが、ある時から、ノズル操作できるまでにワンテンポ遅れるようになった。初めは気のせいかな?と思っていたが、ノンセルフモードでの運用が実体化されていた時期があったようだ。

 

セルフスタンド方式の給油取扱所の安全対策が崩れていることについて

http://www.khk-syoubou.or.jp/pdf/paper/r_11/11rijityou2.pdf

 

本来は、セルフであっても危険物取扱責任者かその監督された担当者が、給油が見える位置から制御卓で給油を許可するというオペレーションをしなければいけないのだが、ノンセルフモードにすると給油許可オペレーションをしなくても給油できる。これはサービスマンが給油する場合を想定しているからだ。

 

セルフによって従業員を削減し、場合によっては夜間は無人でも給油できるようにするためには、ノンセルフモードでの運用になってしまう。

しかし、これはそもそもセルフ運用を許可する条件の運用ではないのだ。

ある時期からこの運用が厳しくなったようだ。

f:id:emandai34:20190724094634j:plain

かくして最近のセルフスタンドでは、件の操作後、給油できるようになるまで、ワンテンポ遅れて待っていなければならない場合が増えてきた。と推測する。

 

給油量と金額を示すメーターが、8888となっている時間は、誰かが目視監視をしている(はずな)のだ。