半蔵門御散歩雑談/ODR Pickups

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

TV会議は配置と小道具も大切

TV会議は配置と小道具も大切【半蔵門ビジネス雑談】20200305

 

TV会議の便利さや有効さは何度も取り上げてきたが、単にTV会議システムだけがあればいいかというと、そうでもない。実は、同じくらいにセッティングや小道具が重要なのだ。

下の写真は、東京と大阪でTV会議を行なっている想定の2枚。上が東京。下が大阪だ。

f:id:emandai34:20200130160502j:plain

 

f:id:emandai34:20200130160503j:plain

機器構成はどちらも同じ。

 

ノートPC、スカイプ、ワイドレンズカメラ、

プロジェクタ、スクリーン

長い机

 

出席者は2名づつ

 

機器の配置のポイントは、

  • 長い机の向こう側にスクリーン、
  • カメラ付きPCをスクリーン前に起き、
  • カメラはこちらの参加者が全員入るようにする。
  • プロジェクタで大きく投影する。

このように配置することで、長い机がスクリーン内につながって、その向こうに相手方いるような仮想状態にする。

さらに演出するなら、

  • 出席者の名札を前に置く

ことで、双方とも相手が誰かを認識できる。あとで名刺交換もできないので、左側の人、右側の人という表現にならずに、XXさんと名前で認識することは重要だ。

プロジェクタ投影を1歩進めて、大型のモニタが壁に設置してあればよりリアルなTV会議環境となる。

www.gizmodo.jp