半蔵門御散歩雑談/ODR Pickups

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

出資することは信頼だ

出資することは信頼だ【半蔵門ビジネス雑談】20200318

 

自分で事業をやる人は多い。

自分で出資し、自分でやる。自分で儲けて、損するのも自分。わかりやすいし、責任も明確だ。でも、能力的にも物量的にも、やれる範囲は自分でできることまで。能力や行動範囲を広げようとすれば、誰かを雇うことになる。雇う、つまりは、なんらかの範囲で、任せることになる。信頼して任せることになる。任せることができないと、範囲は広がらない。任せるということは、信頼するということで、実は、信頼が最大のポイントなのだ。

 

事業をやる方法として、出資するという関わり方がある。

会社に出資し、事業は運営者がやる。会社が儲けて、損するのは会社。運営者は給与を得る。出資者は配当を得る。出資金は、融資とは異なる。戻ってこない可能性がある。出資者は自分だけではない。運営者は複数の出資者の資金を預かり、任されて、運営する。信頼されている。だからそれに応えるように運営する。収益をあげ、儲け、配当できるように、運営する。出資した見返りは配当で戻ってくる。そこまで、配当が出るまで、運営者を信頼して任せて待つことになる。ここでも信頼が最大のポイントだ。賭けではない。信頼して任せることが、出資の本質だ。

 

ここで実は出資者になるための心のハードルが一つ。運営者は、儲からなくても、配当が出せなくても、給与を得る。出資者は、運営者が出資金を合法的に取っている?そう思ってしまう出資入門者は多い。

 

出資者は思う。

 

な〜んだ。

結局、損する可能性に対して、自分はなにもできないのか。じゃあ、やめよう。自分で自分に出資して自分でやったほうがいい。

 

本当にそうだろうか?

 

出資することは、儲けだけなんだろうか。

自分でやらないことの意味は、自分の時間と労力を使わないこと。その間に、自分の本業をやれるのだ。または、人に任すことができない他の重要なことをやれるのだ。自分がまさにやるべきことをやるために、出資して任せてやってもらうのだ。

それともう一つ、出資した事業の副次的な効果として、自分がやっている本業への相乗効果がないだろうか。それが期待できる事業に出資するのも出資のポイントだ。

f:id:emandai34:20200104111734j:plain