半蔵門御散歩雑談/ODR Pickups

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

自分の言葉で語りたい

自分の言葉で語りたい【半蔵門ビジネス雑談】20210803

 

お客様にコンサルティングをしている。

ある客先の場合。

事業計画を創るお手伝いをした。話の最初で、事業計画はどんな風に創るのか聞かれたので、一般論から始める。しかし、ここはそんなに時間を使うつもりはない。小企業の場合、正しい事業計画以上に、早く、現実的な、当社の実情に即したそれが望まれるからだ。雑談的なヒアリングから始まる。

 

どんな事業を行うのですか?  

  「いやそれはまだぼんやりと」

例えば、既存客へのサービス追加でしょうか?

  「まあそれも必要だし、新しい顧客開拓も必要でね 営業を採用するのが先かな 

   とにかくこのままではいけないのだよ」

どんな事業を製品をサービスを、誰にどういう形態で、提供していくのでしょう?

  「まあ、顧客ニーズに合わせた、うちでもできるものを。。。総合的に勘案して。。。

  社員の意見も大事だし。。。」

ニーズは具体的には?うちでもできるものの候補は?社員の意見はどういうものが?

  「まだそんなに明確になっていなくて、アイデアの段階。。。」

どんなアイデアですか?例えば?

  「まだアイデアはぼんやりとしていて。。。」

 

こういうパターン少なくない。

 

次の雑談。事業のコンセプトを考える重要性を話す。みんなの心を集約するための事業のキモはなにか。その言語化。

 

例えば、ラーメン事業を始めるとしましょう。ラーメンの説明は不要ですね。ラーメン事業の根幹は、なんでしょうか?

  • らーめんを、
  • 利益を出しながら、
  • 適正な価格で、
  • 多くの人に、
  • 継続的に食べてもらう

ことです。

で、もう一段落として、具体化していきましょう。

 

「ラーメンを」

=>どういうラーメンか?旨さをどう定義し担保するか、家(いえ)系か、豚骨か、細麺か太麺か、etc

「利益を出しながら」 「適正な価格で」

=>定義したラーメンを、人件費、設備、必要な仕入れ額で材料を調達し、市場で受け入れられる価格で提供し、

「多くの人に」

=>どこで店を開くか?それはコストにどう反映させるか?価格は維持できるか?

「継続的に食べてもらう」

=>何度も来てもらう味、仕組み、場所、接客など

 落とし込んだ内容をまとめるとコンセプトになっていく。。。。

 

f:id:emandai34:20150120125519j:plain

いろいろ話をしているうちに、何かを思いついたような表情になった。会話が彼の頭脳に何かを閃かせたかもしれない。

 

「やはり、色々なニーズを分析して、コンセプトにして、社員のideaを・。。」

 

うーん。やっぱり、さっきと同じ。具体的な言葉にならないね。かっこつけないで自分の生の言葉で語って欲しい。

 

最近こういう相談パターンが多いな。横文字が続出して具体的な自分の言葉になってこない。または、総論を掲げてその場を乗り切ろうとする。

 

踏み込んで自分の言葉で語ってみよう。きっと糸口が見つかる。