ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【半蔵門ビジネストーク】20170919 身近なSEドラマ出てこい

【半蔵門ビジネストーク】20170919 身近なSEドラマ出てこい

 

ドクターX!シリーズが始まるそうで楽しみだ。コードブルーも面白い。警官が主人公の事件解決、探偵の謎解き、銀行が舞台の金融ものもハラハラドキドキ。。。だが

 

SE主人公ものは少ない。

 

職業がテーマのドラマになるのは、その職業が憧れだったり、高級取りだったり、時代的な着目が高かったりするのだが、時に「ブラック」的な匂いがするものを盛り上げる意味合いで取り上げられたりもする。「ブラック」といえばSEだと思うのだが、なぜかそれを扱ったドラマが少なくないかな。

 

ホントにブラックすぎてシャレにならないから?笑

 

SE・ITエンジニアが登場して活躍するのは、「スーパーなハッカー」的な役割が多い。サンドラブロックの「ザ・インターネット」(原題:The Net)は、

www.youtube.com

出てくる画面もリアリティがあり(他のより)そして、主人公が引きこもりのオタクであるところは非常によいが、全米レベルの犯罪とそれを見破って追われるハッカーが主人公で、業界人としては、いまいち身の丈感が薄いところだ。

 

日本のドラマ「相棒」にもスーパーエンジニアが主人公で登場する。

www.tv-asahi.co.jp

人工知能の分析による犯罪者の捜索。ここでも、出てくるのは、国家予算を使って人工知能を開発(育成)するスーパーエンジニア。やはり、業務システムに四苦八苦する身近なエンジニア感はないな。

 

最近のヒットドラマ「逃げ恥」は主人公の職業がSEで、

「直前の仕様変更に対して徹夜でPHPでコードを書いている」

”あるある”なシーンがあり、少し親近感だがドラマの主題はそこではなかったので、前述の職業ものとは違うレベルだ。

 

もっとSE仕事そのものにスポットをあてたドラマを作って欲しいものだ。

このあたりを原作としてドラマ化されないだろうか。

 

ブラック一色の悪いイメージでなくて、若い世代が憧れる職業としての日本のSE、高給取りになっていくきっかけにならないだろうか。

f:id:emandai34:20170629160053j:plain




SEよ頑張れ。SEに幸あれ。

【つれづれ】20170918 敬老だ

【つれづれ】20170918 敬老だ

 

数年前の両親。今も双方少しガタついていはいるが健在だ。嬉しいことだ。

f:id:emandai34:20170907170141j:plain

桜を見上げる老夫婦

大学から上京したので実家にいたのは18年。それから40年は離れて暮らした。取り戻せない日々は悔やんでも仕方がない。健康で長生きを願うばかりである。

【つれづれ】20170917 姿を消す定番

【つれづれ】20170917 姿を消す定番

 

ベトナムのホーチミンで宿泊したホテルのDo not Disturbは、デジタル化されていた。

f:id:emandai34:20170820102325j:plain

ドアノブに引っ掛けるタイプのアレではなくて、ベッドサイドからタッチ一つで外にあるサインが点灯する。引っ掛けるアレを納品していた会社が開発したのだろうか?あるいは、この方式の採用によって、取引がなくなったのだろうか?身につまされるテクノロジーによる変化である。

【半蔵門ビジネストーク】20170915 車上生活は成り立つか

【半蔵門ビジネストーク】20170915 車上生活は成り立つか

 

 その昔浅はかなことを言って父親を悩ませたことがある私。車上生活ができると思っていました。

 

35年前の自分の就職活動直前、父親も同じような方針だったと思いますが、ある日そんな話題になりました。まだまだ甘ちゃんで真剣さの足りなかった私は、「東京に出て、ワンボックスカーを買って、それに寝泊まりする、アルバイトで稼いで、バンドで喰っていく」と、実現可能性0%に限りなく近い戯言を吐いて、父親を悲しい顔にさせました。

そもそも住所不定じゃないか!!笑 

 

www.odr-room.net

で、今。アメリカで車上生活をするホームレスが増加中。

ホームレスといっても、

  • 車内はメープル材で整えホテル並み
  • 電力はソーラーで供給
  • ジムに通ってシャワー

いわゆる貧困によるホームレスではない模様。

gigazine.net

未だに法的問題は残っているとのことで、恐らく日本と同様の、住所不定だと受けられないサービスとか就職問題とかありそうです。

 

車上生活は成り立つのかー住所

日本では、住民票がないと受けられないサービスや就職ができないなどの課題があります。住民票がないと就職できなことが問題なのは、雇用側も第三者へのサービスを提供する以上は雇用者の身元を確認するためには住所がないといけないというのは理解可能な判断基準ではあります。どこかの会社に就職しようとするのなら、さすがに車上生活では難しいのかも。もちろん就職のために誰かに住所を借りてという手段はとれるかもしれませんが。

 

車上生活は成り立つのかー仕事

以前に比べれば、携帯電話、インターネットにつながれば連絡は取れるし、それによってできる仕事もたくさんあります。旅しながらできる仕事、ノマドワーカー。

 

車上生活は成り立つのかー駐車

車をどこに止めるのかという問題。駐車料金を払ってどこかに止めるのなら部屋を借りた方がいいことになります。駐車違反にならない路上はありますのでそれを見つけて停車することは可能でしょう。また無料で止められる公共と施設の駐車場に停めておけるかもしれませんが、、、夜間はどうするのか。料金のことよりも、危険対策ができるのかどうか。

f:id:emandai34:20170120163434j:plain

車上生活は成り立つのかー安全

住所がなくても大丈夫な収入源があり、違法駐車しなくてもよい場所があればなんとかなりそうではありますが、違法行為にならないようにすることと安全確保などで、相当な気苦労がありそうです。

それを考えると気楽に現実的とはいえなさそうです。

 

【半蔵門ビジネストーク】20170914 都内のタクシー初乗り値下げで嬉しいのはだれか?

【半蔵門ビジネストーク】20170914 都内のタクシー初乗り値下げで嬉しいのはだれか?

 

先日、出資先の株主総会後、懇親会会場へ移動するために新宿近辺でタクシーに乗った。なかなか捕まらなくて乗り込んだあとで運転手さんと会話。

 

「初乗り410円になってどうですか?」

 

曰く。

  • 中距離で2400円くらい以上になると今までより割高になるので中距離のお客さんは文句を行っている。

 

「ちょい乗りの人は増えているのではないか?」

 

曰く。

  • 確かに増えているが今まで730円だったので明らかに売上は減っている。
  • 3割くらいは減っている。
  • 駅で乗せるタイプの営業をしている人たちは一日1万円だった人は7000円に。月に換算すると30万だったら、21万になっている計算。

 

「それは打撃が大きいですね。」

 

曰く。

  • そもそもふれこみは高齢者などタクシーが必要だが高くて乗りにくい人たちを呼び込もうということだが、高齢者は1000円でバス乗り放題だからタクシーにはそもそも乗らない。
  • 結果、初乗り圏内の乗車が増えて、距離は変わらず売上減。
  • 中距離は金額上昇で不評。敬遠の傾向。
  • 狙いの高齢者層は呼び込めず。
  • 運転手は売上減の人が多くなった。

というわけで誰も嬉しくないという結果だということだ。

 

そんな話を聞きながら目的地到着。4名で乗っていたが初乗り圏内。410円。1人125円の売上だ。恐縮しながら降りて会場へ向かった。

 

当然だが値下げは売上を減少させる。

売上を増やすには数量を増やすしかない。

しかし値下げが必ずしも人を呼び込むわけではない。

 

www.nikkei.com

記事ではこう言っているが、運転手さんによれば、

単価が下がって乗る人が増えるのはいいけれど、移動速度が速くなったわけではないので、同じ距離で安くなるということは、回数を増やさないと売上高につながらない。つまり今まで10人乗せればよかったのが13人乗せないといけないということだよ。

値段で動く市場を追うことは短絡的な正解にならないことが判っていることなのにどうして値下げに走るのか?大量消費の時代はもう終わっているのだ。

 

f:id:emandai34:20160822145941p:plain

【つれづれ】20170913 司法保護記念日

【つれづれ】20170913 司法保護記念日

 

今日は、司法保護記念日。

9月13日 - Wikipedia

下は、昭和22年発行の記念切手だ。

f:id:emandai34:20170505170537j:plain

明治天皇の大喪を記念して1912年9月26日に出された恩赦の詔勅が釈放者を保護する事業のきっかけとなったことから記念日となる。

1925年に「保護デー」、1937年に「司法保護記念日」に改称、1952年に「少年保護記念日」(4月17日)と統合されて「更生保護記念日」(11月27日)。

 制定された法を守ることは大事。そうでなくては法の秩序が保たれない。しかし、法は永遠ではないこともあり、固執しすぎないようにすることも、司法の保護であろう。