半蔵門御散歩雑談/ODR Pickups

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、台湾たまにロードレーサーの話題など、半蔵門やたまプラーザ付近を歩きながら雑談するように。

【読書/映画感想】

終わりのない歌 by 惣領智子

終わりのない歌 by 惣領智子【読書/映画感想】20240612 夕食後部屋に戻ってラジオをつけた。FMラジオ番組「草野マサムネのロック大陸漫遊記」のラスト曲だったのは、 「終わりのない歌」 by 惣領智子 www.joysound.com 随分久しぶりに聴いた気がする。 この…

紛争でしたら八田まで(15)

紛争でしたら八田まで(15)【読書/映画感想】20240603 地政的紛争の歴史としては一番長いものの一つで、今一番注目をあびているイスラエルーパレスチナ問題。その歴史的背景、イギリスの3(2じゃない)枚舌外交、そしてパレスチナ内部のファタハ、ハマ…

BADON(9)最終章

BADON(9)最終章【読書/映画感想】20240602 ムショあがりの4人が新天地の都会でベンチャー的高級タバコ店を立ち上げる再生ストーリー。ついに最終章だ。 ヤッカラ地区から高級タバコ店が参入してくる動きから様々な過去の軋轢が表面化してくる。恩義ある組…

50年後のLet it be

50年後のLet it be【読書/映画感想】20240523 Disney +(ディズニープラス)でビートルズの映画「レット・イット・ビー」が公開されている。内容としては、昨年公開されている映画ゲットバックを再編集したもの。。。とされている。確かにそうなのだが、実…

先祖探偵 新川帆立 著

先祖探偵 新川帆立 著【読書/映画感想】20240521 探偵事務所にも得意分野、重点分野、専門分野があるだろう。ここれは先祖探しに特化した探偵事務所の話。主人公の探偵自体が自分自身がいわゆる「捨て子」さんで、氏名は、自治体の地域名+役所の人がつけて…

AI法廷の弁護士 シンギュラリティには気がつかないかもしれない

AI法廷の弁護士 シンギュラリティには気がつかないかもしれない【読書/映画感想】20240508 表紙にはモニタに裁判官が写っていたのでそんな感じかと思っていたら小説内の描写では四角い箱のスタンドアロンサーバーだった。それがAI裁判官だ。開廷は裁判長の…

台北プライベートアイ

台北プライベートアイ【読書/映画感想】20240306 台湾人作家の作品、台湾を舞台にした連続殺人事件をめぐるミステリー。元大学教授で劇作家の主人公は大学を辞めて「私立探偵」となる。最初の事件を苦労の末解決したものの、その後、台湾で起きている連続殺…

キングスマン ファーストエージェント

キングスマン ファーストエージェント【読書/映画感想】20240214 アマプラ(Amazon Prime)に「キングスマン ファーストエージェント King's man the first agent」が公開された。第一次世界大戦のきっかけとなったといわれるオーストリアの帝位継承者フェ…

Carney レオン・ラッセル

Carney レオン・ラッセル【読書/映画感想】20240208 渋かった才能、レオン・ラッセルの1972年発表のアルバム。名曲タイトロープやマスカレードを収録。マスカレードはカーペンターズやジョージベンソンのカバーバージョンも有名だ。レオンはカーペンターズ…

ユキヒロ氏命日未発表曲が公開された

ユキヒロ氏命日未発表曲が公開された【映画/読書感想】 20240122 去る1月11日、soundcloudで故・高橋幸宏氏の未発表曲が盟友スティーブ・ジャンセン氏によって公開された。諸々の理由でオクラになっていた曲をAIでトラックに分解し、ボーカルを追加して…

ザ・ビートルズ 1967〜1970 所謂「青盤」

ザ・ビートルズ 1967〜1970 所謂「青盤」【読書/映画感想】20240105 後期ビートルズの名作、佳作を集めたベスト盤で所謂「青盤」。前期は「赤盤」で同じ構図のジャケットが所有欲をそそる。 アマゾンで買うとこんなにするのね。アルバムだと、 マジ…

紛争でしたら八田まで(14) アメリカ砂漠、サウジアラビア、英国

紛争でしたら八田まで(14) アメリカ砂漠、サウジアラビア、英国【読書/映画感想】20240102 地政学と知性そしてプロレス技で警察が介入しにくい紛争を落とし所をみつけ解決する、地政学リスクコンサルタントの八田百合が、親友オクサナの依頼によりアメ…

THE GAMESTERS(3)オノナツメ

THE GAMESTERS(3)オノナツメ【映画/読書感想】20231202 人間の”心”に関する能力を持つ超能力者たちの謎の素性、これまでの人生。同じ作者の別作品「LADY AND OLDMAN」にも似た設定で、「LADY〜」では薬の実験の影響で不老不死の力を得た100歳越えの見…

Now and Then は、静かなレクイエム

Now and Then は、静かなレクイエム【映画/読書感想】20231124 AIを駆使してジョン・レノンの生前作を元にポールマッカートニー、リンゴスターらが参加して制作されたビートルズ名義の最新作で最終作「Now and Then」のドイツ盤を入手した。 シングル盤だ。…

サイクリストの魂

サイクリストの魂【読書/映画感想】 20231118 ポルトガル、英国が舞台のクラシック自転車を愛するグループのドキュメンタリー。古いスタイルのランドナーを中心に、自転車本体はもちろん、服装や周辺グッズなども作り出し、生活の一部として自転車ライフを…

みんな元気 デ・ニーロじーさんが成長した子供たちに会いに行く

みんな元気 デ・ニーロじーさんが成長した子供たちに会いに行く【映画/読書感想】20231117 フランク(ロバート・デ・ニーロ)は妻を亡くし一人暮らしとなった。休暇に子供たちが帰省すると期待して家を整備し、バーベキューコンロを新調し、子供プールを用…

BADON8 オノナツメ

BADON8 オノナツメ【読書/映画感想】20231115 ムショあがりの4人の男が新天地バードンで立ち上げた高級タバコ店をめぐる静かに進む物語。リリーは高校卒業資格試験に合格し、ラズはタバコ職人の試験に合格した。チーロは世話になったボスが亡くなり借金を…

ワンピース 107巻

ワンピース 107巻【読書/映画感想】20231111 最終章に本格突入。過去を暴こうとするもの皆葬られる世界政府の暗黒の秘密。五老聖の上に君臨するイムという名の支配者は不老不死なのか。国一つを消し去るマザーフレイムとは?主要大物の戦いが繰り広げられる…

宇宙人のあいつ

宇宙人のあいつ【映画/読書感想】20231017 すごい豪華キャスト(日村勇紀、柄本時生、伊藤沙莉、中村倫也)ではあるのに、この内容、いや内容は面白いのよ。でもこのドタバタというかハチャメチャ設定でつい観てしまった。あらすじ(若干ネタバレ)は、 「…

奥様はネットワーカ

奥様はネットワーカ【読書/映画感想】20230929 2007年の文庫初版。ネットワーカーがまだ先駆的な進んだ印象を持たれていたころかな。今ではネットワーカーでない人を探すのが難しい。みんなメールとSNSとクラウドにデータがある。イラストがかわいい、かつ…

神の呪われた子 石田衣良IWGPシリーズXIX 最新刊

神の呪われた子 石田衣良IWGPシリーズXIX 最新刊【読書/映画感想】20230927 石田衣良IWGPシリーズXIX 最新刊。これはいつもハードカバーを購入して読むことにしている。長期名作への敬意。でも読み終わると60%の価格でメルカリに流してしまうけどね。こ…

グレーテストヒットだ!

グレーテストヒットだ!【読書/映画感想】20230919 注文しておいた山下達郎の復刻アナログ「Greatest Hits! of TATSURO YAMASHITA」が届いた。ちなみに発表時に注文したので4400円だったが、到着時のAmazon価格は9000円、凄いプレミア。さっそく開…

83歳のやさしいスパイ

83歳のやさしいスパイ【読書/映画感想】20230905 最近映画でも小説でも設定が面白く感じないと観る気にも読む気にもならない。この映画は老人ホームに潜入する老人スパイの話。スペインの作品だ。依頼者は娘で監視対象はその母親、老人ホーム(聖フランシ…

ミッションインポシブルはもうインポシブルだろう

ミッションインポシブルはもうインポシブルだろう【読書/映画感想】20230810 この映画を観にいく予定だった人が風邪のためいけなくなったそうで急遽代打で見られることになった。映画館真ん中のちょっと広い肘掛けのシートは最高の座り心地。前評判でトムク…

インディジョーンズ 運命のダイヤル

インディジョーンズ 運命のダイヤル【読書/映画感想】20230802 81歳になったハリソンフォードが引退したインディを演じる最新作、かつ最終作だろう。前作は宇宙人が絡んだが今回は予告でも推測できるように「運命のダイヤル」といえば”時間”に関わるもの…

ワンピース 106巻

ワンピース 106巻【読書/映画感想】20230730 ワノ国を出てドクターベガパンクの未来島へ上陸した麦わらの一味、そしてそこにはベガパンクを消そうと派遣されたCP0がやってきた。相まみえるルフィとロブルッチ。ガープはコビーを助けに黒ひげティーチの拠点…

紛争でしたら八田まで(13)台湾ー南アフリカーアメリカ

紛争でしたら八田まで(13)台湾ー南アフリカーアメリカ【読書/映画感想】20230724 地政学と知性そしてプロレス技で警察が介入しにくい紛争を落とし所をみつけ解決する、地政学リスクコンサルタントの八田百合が、中国との関係、その成り立ちの中で自らの…

その邦題どうした?w   A Hard Days Night

その邦題どうした?w A Hard Days Night【読書/映画感想】20230628 NHKでビートルズの番組が放映された。前後編に別れ、「赤の時代」は赤盤の前半か?アメリカでの最後のライブが前半のフィナーレ。触発されてまた古いのを引っ張り出してターンテーブルへ載…

テクノポリス YMO

テクノポリス YMO【読書/映画感想】20230619 高橋幸宏氏と坂本龍一氏が立て続けに他界してラジオなどでYMOの曲が流れたせいもあるがまた古いのを引っ張り出してみた。ソリッドステートサバイバー。ところでYMOオリジナルのMVもいいけどPerfumeのコラボのテ…

Blind Faith  帰り道が分からない Can't find way my home

Blind Faith 帰り道が分からない Can't find way my home【読書/映画感想】20230603 迷走する時代前後のクラプトンの支えとなってくれたであろうスティービーウィンウッドのバンドの名作。とりわけCan't find way my homeはクラプトンの心情に合致するので…