ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【つれづれ】 20161028 終電後のパチンコやのシャッター前で

【つれづれ】 20161028 終電後のパチンコやのシャッター前で

 

映画「SCOOP」は、シモネタ連発のやさぐれパパラッチの福山雅治リリー・フランキーの破滅的狂気を見て、結末に不快なムズムズを感じながら、帰り道に、所詮、手が出せないオンナと焼き鳥屋のカウンターでちょっと呑んで、手を繋いで改札まで送る地下道を思い出すだけでも満足感の高い思い出し笑いができる、そんな邦画だと思う。邦画もカッコいいんだ。

 

映画「SCOOP」のネタバレは溢れているので知りたい場合は検索。

scoop ネタバレ

 

しばらくぶりの歌舞伎町。

新入社員時代に通ったステージのある絨毯カラオケの店もとっくの昔に消え失せて、ゴジラのいるTOHOから歌舞伎町の交差点までは怪しげなキャッチしかいなかった。昔はもっと無害なサラリーマンで溢れていたここも、キャッチの中を観光客と映画を見たカップルとが通るだけのように感じたが、相変わらず、ちょっと悪い(気がする)自分、危ない夜の街、堕ちた男女、やさぐれの気分にさせてくれる、錯覚させてくれることを思い出した。

 

f:id:emandai34:20151202212325j:plain

 

もし殺されるとしたなら、”惨殺”されそうな危険な感触の漂う新宿の夜の街に惹かれるのは、それがパパラッチ的覗き見に溢れているからだ。怪しげな危険なキャッチ、その後ろの女のコ、この後地獄を見る酔っぱらった中年サラリーマン、いつ自分が巻き込まれるかもしれないが、理性を辛うじて保って、足早に通り過ぎて、また恐いもの見たさに舞い戻る自分。

 

改札で別れて丸ノ内線に向かう地下道を歩くと、分けもなく、鼻の奥がつんとなってくる。誰かにいちゃもんをつけて返り討ちにあいたくなる。うまくいかないことが いろいろなことをうまくいかなくするのだ。そんな風に思い込んでいた大学生から社会人になったばかりのころをうっすらの思い出す。それすらもうっすらとしか思い出さないし、少し歩くと、そんな感情も忘れてしまう。

 

もういいや。

終電後の閉店したパチンコ屋のシャッターの前で酔いつぶれてしまいたくなる。

 

という気分を切なく思い出させてくれる久々の邦画ヒットだ。但し、興行のほうはイマイチらしい。

f:id:emandai34:20161007223256j:plain