読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【ODRピックアップ】20160531 そんな節約は時に自分を貶める

【ODRピックアップ】20160531 ”節約”は時に自分を貶める

 

「一駅歩いたよ」という話はよく聞きます。

曰く。

  • 健康のために。
  • 気分転換に。
  • 天気がよかったので。
  • ちょっと考え事をしたかったので。
  • 節約のために。

ちょっと待って!最後の一つには意見があります。

 

”節約”のために?

一駅歩くことで、どれくらい、何が節約できたのでしょう?

電車賃なら初乗りで160円とか?

あるいは手前で降りたのなら10円とか20円とか?

「それは大きいよ!お金は大事だよ」

”それは大きい”も、”お金は大事”も、言葉としては同意しかありません。但し、時と場合によってです。

f:id:emandai34:20160314090935j:plain

 

電車に乗る目的は移動です。移動にはまたその目的があります。

  • 仕事かもしれない。
  • 誰かと会うためかもしれない。
  • 早く帰って休むためかもしれません。

目的はいろいろ。

”その節約”は、単に「あなたの財布の中の現金が減らないという意味」では達せられたのでしょう。でも、変わりに失うものもある。それは言わずもがな。時間です。歩いていた時間。本来、5分で目的地に到達できた筈なのに、15分、20分?場合によっては30分を、160円のために費やした。

貴方の、その時間価値は、160円でしたか?

現在の貴方の社会的・客観的評価である”貴方が働いて得る給与や報酬”の時間価値と比較して大きかった?

 

その節約で財布に残せたいくらかと、貴方の報酬を比較して、自分はそれ以上の価値がないと断言できるのならまだしも、これから何かをやろうとしているのであれば、その節約より、時間を短縮して、早く目的地に到達するべきです。貴方は真面目な人だから、時間を守るために、160円のために、少し早く出発しているのではないですか?それは、そこで一緒にいた友人や家族との関係をも、160円以下と見ていることになりはしないでしょうか?

誰かと会うための自分の心を整える時間の価値は160円だった?次の次の目的である仕事や勉強やなにかのための英気を養う、休養するための時間は、160円だったのでしょうか。

 

単なる財布の中の現金の節約は、時に、自分の価値を、更には自分だけでなく、自分に関わる人の価値を貶めることもあるのです。