ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【読書感想】【つれづれ】20161229 読めそうなハルキ2冊

【読書感想】【つれづれ】20161229 読めそうなハルキ2冊

 

初めてムラカミハルキ作品を最後まで読めたので、もっと読めるかもと思い、

【読書感想】20161226 初めて読めたハルキ - ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

ランチに出かけたついでに書店で文庫あさり。

【つれづれ】【読書感想】20161227 もっと”ハルキ”をと。。。 - ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

 

書店の村上春樹コーナーを眺めてみると、小説に混じって、対談やエッセイも多いことに気がつきます。

f:id:emandai34:20161208163232j:plain

 

河合隼雄に会いにいったり、糸井重里との対談だったり。

読んでみたいのは小説なので、他を手にとって、ウラ表紙の概略を読んでみましょう。

 

●世界の終わりとハードボイルドワンダーランドは、計算士(架空の職業?)の私が天才博士と地底を旅する話、影を奪われた僕が古い夢をみながら脱出をする世界の終わり。

あ!もうだめ。これは読めない。

 

●ねじまき鳥クロニクル。長編。猫が失踪。妻が失踪。井戸の中で精神世界につながり。。。これもダメそう。一時こういうのが好きだったこともあったが、今はもうついていけなさそう。

 

●1973年のピンボール。短編。

友人と小さな翻訳事務所を経営する”僕”と、故郷の街で過ごす〈鼠〉。二人はそれぞれの儀式で青春に別れを告げる。ひとつの時代の終わりと始まりの予感。「初期三部作」第二作。

もっと若いときなら読む気になったかもしれないが、今はもうむずがゆすぎて。そんな時代はもうボクにはこないとわかっているから。

 

というわけで、題名を聞いたことのある作品は避けることにして、次の2冊。

 

f:id:emandai34:20161208164840j:plain