読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【読書/映画感想】20170414 魔法の色を知っているか?

【読書/映画感想】20170414 魔法の色を知っているか?

 

 あらすじ

 

シンポジウムに出席するために、チベットのナクチュにきたハギリ博士一行は、クーデターに巻き込まれる。おかげでシンポジウムは中止、しかし、世界的科学者ヴォッシュ博士に出会い、交流を深める。人工細胞により出産できなくなった理由は、新たなウィルスではなく、必要なウィルスが消えてしまったからだという仮説を掴む。ナクチュには、まだ出産している種族が存在し、特区として保護されていた。

f:id:emandai34:20170328124407j:plain

 

後悔先に立たず

ちゃんと順番を確認して読めばよかったと後悔している。本来2番目に読むべき本書をなんと5冊の最後に読むとは。。。すべての伏線がここに登場しているのだが、全て結末を知っているので。。。読み飛ばしたくなる。

  

 呪文

100年前にチップとして仕込まれた機能停止緊急コマンドは、呪文だった。それも、組み合わせ的な呪文。進化した未来に、コマンドが呪文のていをなしているのは、アナログこそが最大の機密保持方式だということだろうか。

 

問題解決

果たして問題ならばすべて解決してしまっていいのだろうか?

その問題が生み出している繁栄や進化、安定があるのではないか?

問題の上に成り立つ安定は悪なのだろうか?

問題がない不安定、退化、停滞が望ましいのか?

問題さえ解決すれば繁栄し、進化し、安定を得られるのか?

 

この問いは、素振りが素晴らしい選手がクセのあるフォームの選手に勝てないテニスのようで、重箱の隅をつつくような正義の人がリーダーになれないことがあるのにも似ている。しかし、素振りはキレイなほうがいいし、完璧な正義のほうが非難されにくい。正義は勝つが、勝てば官軍でもある。「正義”は”勝つ」というより「正義”も”勝つ」のほうが正しいのかもしれない。

 

何かの法則

いったい私の周りに起こることは、偶然なのか。運命なのか。誰かが仕組んだ仕掛けなのか。大きな目で見るならば宇宙の法則なのか。それとも、一人一人の意思なのか。意思と偶然の積み重ねなのだろうか。そんな気もするしそうでない気もする。