ODR Pickups/半蔵門御散歩雑談

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【半蔵門ビジネス雑談】20180309 『仲裁とADR』への寄稿目次

【半蔵門ビジネス雑談】20180309『仲裁とADR』への寄稿目次

 

現在、取り組んでいる業界誌「仲裁とADR」のODRに関する原稿の目次が出来上がった。論文は苦手。大学の論文も何度突き返されたことか。トラウマだ。

 

実用化フェーズに入るODR(Online Dispute Resolution)

 

はじめに

 

I.歴史、経緯

  1. 起ち上り時期
  2. 実験期
  3. ベンチャー期
  4. 組織的取り組み期

 

II.ODR技術の種類

1.「コミュニケーション技術」

2.「データ管理・共有、手続きコントロール技術」

3.「相互連携技術」

(1)越境紛争のためのデータベースの課題

(2)言語

(3)データ交換

 

Ⅲ.実験から実用化、投資、企業統合へ

 

1.申し立てのオンライン化

2.電子商取引 — 少額紛争、越境紛争

3.特定分野のODR

(1)Divorce.com

(2)Smartsettle

4.統合的プラットホーム・システムの試み

5.開いた市民法廷

(1)Sidetaker 世界のみんなに決めてもらおう

(2)Reputation System

 

6.欧州のODR規制

7.言語圏提携

 

8.ツール

(1)書面生成ツール

(2)さらなる新技術

 

9.早くも統合の事例

 

10.ODRがサービスに組み込まれる

(1)新しいツールベンダー

(2)ODR組み込んである一般サービス

 

Ⅳ.ODRの国際会議

 

1.ODR FORUM

(1)「ODRは裁判を助けるか/ODRと裁判の関係はどうなっていくのか?」

(2)裁判のODR化の姿3つの姿

  • ODRは裁判と統合される
  • ODRは裁判と競合する
  • ODRは裁判の事前手続となる

(3)どのように統合されていくのか?
(4)デジタルデバイド

(5)ODRはLPR(Legal Process Re-engineering)となりうるか

 

Ⅴ.日本、アジア圏でのODR

(1)シロガネサイバーポール

(2)越境消費者センター(CCJ)

(3)ADR機関など

(4)育成

(5)ODR未成熟の要因は?

(6)アジア

 

Ⅵ.ODRビジネスモデルのジレンマ

1.紛争発掘ツールとしてのODR機能

2.紛争防止ツールとしてのテクノロジー

(1)マレーシアのタワーマンションで採用されたHigh Riseは、住民専用

(2)Reputation管理

 

おわりに

f:id:emandai34:20160624102920j:plain

ということで、原稿はまだ道半ば。3月の締め切りにはなんとか間に合わせた。数回の校正を経て5月ごろ最終入稿を目指してコツコツやっているところ。

 

 

(はてな1083記事)