ODR Pickups/半蔵門御散歩雑談

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

時差biz実施中

時差biz実施中【半蔵門ビジネス雑談】20181011

 

朝のラッシュは本当に疲れる。

これから一日体力知力を使う前に、 並ぶドアの選択、 滑り込む場所の見極め、 体を押し入れすりぬけ、 痴漢に間違われないように、 つり革を確保して、 よりかかられる重量に耐え、 かわし、なるべく力を温存して目的駅にたどり着くために耐えるのみ。


時に、 冷暖房の故障している車両にのってしまったり、 乗客同士の小競り合いで遅れたり、 降りる人の無言のプッシュに押し出されたりして、予期せぬパワーを使ってしまう。

10年前からコアタイムのある時間勤務に縛られなくなったので朝は時差bizだ。出勤前の行動は、随分変わった。かつては、起きて、着替えて、朝食をかきこみ、忙しなく飛び出していたが、10年前からはこんな感じ。

 

  • 起床 6:40
  • 飼い犬の散歩 30分
  • 朝シャワー  20分
  • スーツに着替えて、朝のSNS, ブログチェック  30分
  • 朝食 30分
  • ごみ捨てなど 10分
  • そして駅まで車かバスで10分


9:15分発の各駅は既に空いている。 よほど運が悪くない限り座れる。新聞を読みつつ居眠りしつつ、10時に最寄り駅に到着。ラッシュには無縁だ。

 

ただし、問題は、時差bizでないお客様との時間のズレだ。9時から業務開始しているお客様も当然いる。朝一番の電話、 携帯に出られない場合があることだ。メールより電話だというお客さまはいる。 9時の電話なら最大1時間お待たせしてしまうこともある。電車を降りて折り返しかける場合もあるが、電車を降りて電話するとその分到着が遅れる。結果、リモートサポートする場合でも、遅くなってしまう。現実的には、ショートメールで一報。オフィスについてから折り返し電話する。結果的にその方が対応に着手できる時間が早まる。

 

jisa-biz.tokyo

 

個人的には、早い出勤は推奨しない。おそらく早く行って遅くまで仕事するパターンになりそうだからだ。実は、以前、子供達が高校生までは早く家を出たので車で駅まで送りがてら一緒に出社していた。すると会社につくのは7時半。朝は誰もいなくて確かに仕事が捗ったが、結局帰りの時間は一緒だった。

f:id:emandai34:20170708100841j:plain

そういえば、日本人は開始時間は守るが終わりの時間は守らないという外国人からの指摘もあるようだ。

 

言えてる。確かに。