ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【ODRピックアップ】20140612 オンラインプライバシーに注意

【ODRピックアップ】20140612 オンラインプライバシーに注意

 

欧州委員会で検討されていることを記事にしたのは2012年の1月http://www.quon.asia/yomimono/lifestyle/law/2012/01/29/3026.php でしたが、既に承認され、「グーグルは欧州で個人情報の削除受付開始」(http://www.yomiuri.co.jp/it/20140531-OYT1T50048.html?from=ytop_ylist)しています。

これまで、オンライン上に掲載されたデータは、「名誉毀損やプライバシーの侵害がないと、削除要求ができなかった」が、
ライブドアニュース引用)http://news.livedoor.com/article/detail/6229780/

不要となれば削除できることになります。

対象のデータは、

「It can be anything from a name, a photo, an email address, bank details, your posts on social networking websites, your medical information, or your computer's IP address」

名前、写真、メールアドレス、銀行データ、SNSへの書き込み、医療データ、IPアドレスが含まれます。

 

  *   *   *

 

知り合いの社長が嘆きます。「facebookを開くと50代に関係する広告がシツコクでてくるんですよ。そりゃもう少しすれば50代ですけど。。。」

別の友人は、「ちょっと車のサイトを見たら、ニュースサイトを見るたびに次々と車のバナーが表示されるよ」

「アダルトサイトなんか見られないよね。だって、妻と同じパソコン使っているから、出会い系サイトの広告が出たら、絶対もめるよ」

 

因に今私のfacebookには、メール配信が商談に効果的、簡単にネットショップが作れる、日弁連ひまわり関連、英語翻訳。。。このあたりは仕事がらみですが、自転車のイベント、カメラなどは、最近よく検索していることと関係ありそうです。更に、月末に予定している米国出張では、旅行サイトでホテルを予約しましたが、その周辺のホテル情報が別サイトで広告表示されるのは、かなり気味の悪い感じがします。

でも、そうでない場合もあります。上述の情報を実際に探しているタイミングで出てくれば、痒い所に手が届くきめ細やかなサービスにもなりますし、消費行動の背中を押してくれれば、産業、経済にとってもいいことです。

 

この仕組みは、行動ターゲティング広告

パソコンにcookie情報として自動的に保存されているサイトの閲覧履歴+よく見るサイト傾向+年齢、性別、居住地(これらは会員登録などで入れますね)を合わせて判断して
表示する広告内容を変えるのです。

ただ、これは現在は合法。あくまで、使用しているパソコン内に情報が蓄積され、それらの情報を広告表示の際に解析して、関連広告を表示しますので、閲覧履歴は流通していません。

しかし、業界は次のステップに向かいました。

 

ヤフーがプライバシポリシーを改定、ウェブ閲覧履歴などをCCCに提供

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20140603_651586.html

 

CCCも利用規約を改訂

http://www.ccc.co.jp/news/2014/20140602_004492.html

 

両者は、これまで利用者のパソコン内にだけ保存されていた閲覧履歴などのデータを、

「個人を特定できる情報は含まない形に加工した統計データとして、両社で相互に提供し」ながら、相互にやりとりすることを開始し、既に、利用規約も改訂しています。利用者は、この情報提供を望まない場合には、「情報提供を望まないユーザー向けに、情報提供を停止するオプトアウト手続きのためのページ」で、オプトアウト(同意のチェックを外すなどの意思表示)が必要になります。

 

政府・内閣府でも、予てより検討を続けてきたパーソナルデータ利活用に関する制度を見直しています。

パーソナルデータに関する検討会

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/pd/dai10/gijisidai.html

いずれ実施される番号法に基づく特定個人情報保護委員会の見直しや、事前相談制度、苦情処理、紛争解決、課徴金、あるいは、クラウドの時代の越境するデータに対応するための諸外国との調和のための国際的なルール作りへの参加などの検討が急ピッチで進められています。

 

 

  *   *   *

 

ただ、少し救いは、まだまだ不正確な情報による不正確な結果もあるようで。

立った今、私の見ているサイトに表示されている広告です。

 

真剣な出会い(妻帯者ですわ!)、50代が朝から元気になる(元気でっせ!)

なぜか際どい女性用下着のサイト?(そっちの趣味はないです!)

 

はずれ!!笑