半蔵門御散歩雑談/ODR Pickups

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

LP to USB

LP to USB【御散歩雑談】20200811

 

よしだたくろうの古いレコードをメルカリで手に入れた。45年前の作品だが音飛びもなく音質もよい。家族にうるさがられない程度に何度も聴いている。

f:id:emandai34:20200502071828j:plain

しかし、別の場所ー自分のデスクや事務所でも聴きたい。

最近のレコードプレイヤーは機能満載。なんと、LPレコードをUSBに録音できるのだ。

ここ10年以上、ダビング録音はしていないが操作は簡単。

USBをセットして、録音ボタンを押し、レコードをスタートする。

ただ、CDからUSBなどのようにデジタルからデジタルではない。音を出して、それをUSBに録音するので、ファイルコピーではない。1時間のレコードをUSBにするには、1時間かかるのだ。

ストップするまで録音し続けるので、A面からB面にひっくり返す間も静寂が録音されているので、そこは素早く。

演奏が終わったら、先にストップを押す。そうしないと、針を上げる時のブツッいう音も録音されてしまう。

 

録音が終わったのでUSBを外してiMacにセット。iTunesが起動し、自動的にコピーされ、再生が始まった。と、ここで気がつく。アナログからデジタルだった。

つまりファイルコピーではないので、曲ごとにファイルが分割されるわけではない。レコードを再生する間録音しているので、1枚分が大きな1ファイルMP3になっているのだ。

当然、曲飛ばしもできないし、曲名も入らない。大きい1ファイル。カセットテープに録音したようなもんだ。

 

でもまあこれもまたいいもんだ。