半蔵門御散歩雑談/ODR Pickups

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

よしだたくろうの思い出(3)

よしだたくろうの思い出(3)【つれづれ】20200809

 

 

 ネットのサブスク系音楽サイトで、Spotify(スポティファイ)というのがある。

「Ok! Google, 音楽かけて」

とGoogle HOMEにお願いすると、このSpotifyから適当に見繕って再生してくれるので、便利だし、何が選ばれてくるのか楽しみもあり、事務所につくと愛用している。

手動で検索もできる。

先日からマイブームの「よしだたくろう」で検索してみると、彼のアルバムや参加したアルバムなどが十数枚検索されてくる。仕事の合間に、全部を聴き倒してみた。これまで知らなかった曲もたくさんあり、ノスタルジックな気持ちと新たな気持ちで、

「ああ、いいなぁ」

という感じ。

ところが、1枚だけ出てこないアルバムがあった。

 

たくろう オン・ステージ ともだち

というアルバムだ。

なぜか、このアルバムだけない。

このアルバムバージョンの「マークⅡ」という曲が好きだ。アレンジが違う、メロディもちょっとだけ違う。

f:id:emandai34:20200716091751p:plain

ないというと、絶対聴きたくなるのがあまのじゃく、いや、素直な人間の心だろう。

さっそく、ヤフオクやらメルカリやらで探して、メルカリで購入。古いものなので、ジャケット等は劣化しているが、レコード盤自体はいい状態のを見つけた。

聞いてみて理解した。なぜ、配信に乗らないのかを。

 

理由はたぶん2つ。

このアルバムはライブ録音で、曲間のMCも録音されているが、その中に放送禁止ワードが出てくるのだ。自分が脳波検査を受けた時に異常があるといわれたことについて、

「それは、キ○ガイってことか?」

と聞いたエピソードが入っている。これが1つ。

もう一つは、ヒット曲「青春の詩」の替え歌で、「老人の詩」というのが入っている。おそらくは、これが老人への揶揄満載なため、差別だといわれそうだという2つの理由ではないかと思う。

 

MC中に

「今僕がそっちを向いたのでさぞいいアップが撮れたでしょう」

といっている。撮影はOKだったのか。

 

それにしても、このアルバムにしかない曲やアレンジは45年ぶりに聴いても昔と同じ感覚が蘇る。

 

*は、多分このアルバムのみ

 

おろかなる独り言 *

マークⅡ

もう寝ます *

老人の詩 *

私は狂ってる

何もないのです *

やせっぽちのブルース

されど私の人生 *

わっとあいせい *

夏休み

面影橋から *

イメージの詩

ともだち

 

 

もう「夏休み」が近い。

 

いや「夏休み」だ。