半蔵門御散歩雑談/ODR Pickups

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

迷惑メールのなかの大事かもしれないメールを探す

迷惑メールのなかの大事かもしれないメールを探す【半蔵門ビジネス雑談】20201016

 

毎日来るメールのなかで、大事なのに迷惑メールに分類されてしまうものがある。

 

大事なのに迷惑メール

自分にとって大事だったり(仕事の依頼や、打診etc)、送信者にとって大事(スケジュール確認、仕事の催促、支払いの依頼etc)な場合もある。しかし、迷惑メール数もそれなりに多くていちいち確認している時間はない。送信者から「送ったんだが」という催促や回答依頼で電話やメッセンジャーなどで連絡がこない限り、そのままになってしまうことも多い。

 

これを避けるためにどうしているか。なんとか自動的に発見できないか。

 

考える。

 

大事なメールには、大事なことが書かれている。しかし、内容が大事かどうかは読まなければわからない。内容を読まずに、大事かもしれない迷惑メールを発見するには?

 

「Mail」の機能

私は、以下のような方策をとっている。

メーラーは、Macにインストールされている「Mail」。このツールには、スマートメールボックスという機能があり、メールを特定の条件で自動的に抜き出すよう設定できる。

例えば、過去3週間に到着したメールで、特定のメールボックスにはいっていないメールだけを抜き出すには、

f:id:emandai34:20200923001107p:plain

という感じ。

これは便利な機能で、様々な条件下でメールを抜き出しておき、すぐ探せるようにできるのだ。私のメールボックスでは、他にも10種類以上の設定をしている。例えば、本日の受信メール、相談受付に関するメール、特定の人物からのメール、未開封のメール、状況報告という文字を題名に含むメールetc。。の設定をしている。

 

少なくとも自分の名前があれば

さて、最初に掲げた「迷惑メールに入ってしまったが大事(かもしれない)メール」もこれで抜き出している。設定は2種類。

一つは、”迷惑メールに入ったが、メッセージ中に「万代」という文字があるもの”。つまり、日本語で書かれた私宛のメールだ。

f:id:emandai34:20200923001437p:plain

そしてもう一つは、”迷惑メールに入ったが、メッセージ中に「Mandai」という文字があるもの”。つまり英語で書かれた私宛のメール。

f:id:emandai34:20200923001457p:plain

内容は確認できないが、少なくとも自分の名前があれば、ダイレクトに送っているものだし、私が誰かを知っている(と仮定できる)メールであろう。


ただし、これでも「やっぱりいらないスパム」が探し当てられることも多いが、でも、見逃した不安感は払拭できる。