半蔵門御散歩雑談/ODR Pickups

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

反応と回答と無反応

反応と回答と無反応【半蔵門ビジネス雑談】 20210325

 

仕事のコミュニケーションが対面でなくネットでのテキストや音声、映像に移りつつある。生身が大事などと言っている状況ではなくなり、苦手であろうがメールやメッセンジャー、Web会議で行うことが当たり前になっている。

 

仕事のコミュニケーションの大部分は、質問と回答の積み重ねである。

 

Aですか?そうです。

AとBどちらがいいですか?Aですね。or(Bですね)or(どちらもよくないですね。Cを勧めます)

 

対面していると、質問と回答の間に、言葉にならない間のコミュニケーションが入ることがある。そして回答に至るまでに時間を要する。

 

Aですか?(うーん?)。。。。。考え中

AとBどちらがいいですか?(うーん?)。。。。。考え中

 

対面であれば、「考え中」が目に見える。回答がなくても、不自然でないし、ごく例外を除けばイラつくこともないだろう。

 

ところがネット上のメール、チャット、SNS、メッセンジャーでは、対面していない分「考え中」が認識できない。その結果、メッセージ未着か?考え中か?無視か?既読スルーか?などの考えが質問者に芽生える。未着なら再送しなければ?無視された?既読スルー?けしからん!!と、小さな火種がくすぶる。

質問と回答の間に生まれる空白。ネットの場合、質問者からは、無反応と見える。ネットコミュニケーションでは、これを防ぐために、「反応」というアクションが必要だ。つまり、対面コミュニケーションでは、見えている「悩んでいる、首をひねっている、考え込んでいる」反応。しかし、文字列で(うーん)と打ち込んでもそれはそれで不自然だ。そぐわない。そこで、反応を返す。

 

AとBどちらがいいですか?(うーん?)のかわりに=>「ご諮問ありがとうございます。検討させていただきます。」とか、「関係者に相談して回答いたします。」とか。

 

週末にメールできた質問に、(月曜に答えるつもりで)無反応は、質問者の不要な不信感を生み出す可能性がある。週末の質問に、反応を返せば、(週末に考えてくれるかも)という好意的な印象も生み出し得る。

 

回答できないとき、反応することは、無反応とは大きな差が生じる。ビジネスでのコミュニケーションにも大きな差が生じる。

 

でも、そうそう。相手によっては、「意図的に無反応」という手法もあるけどね。

f:id:emandai34:20170715065120j:plain