半蔵門御散歩雑談/ODR Pickups

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

ドメインはもうそんなにいらない

ドメインはもうそんなにいらない【半蔵門ビジネス雑談】20200608

 

何度も書いているがトラストマーク国際連携の副議長を務めている。HPのドメインは、

worldtrustmark.org

ほかにも、

worldtrustmark.net

worldtrustmark.com

の2つを確保し、毎年その費用を支払い続けている。

.orgのドメイン以外の2つは、実際は一度も実用していない。Webもないし、メールもない。まさにドメイン料を支払っているだけだ。

 

インターネットの黎明期より、ドメインは商標のように、ビジネスや組織に密着した、独自の名称的に独占したいものであった。会社名ならば、なるべく会社名称を的確に表現しているドメインを確保し、さらには、拡張子の部分の、.netや.com、最近だと、.jp、や、日本企業なら.co.jpなど、誰かに不適切に利用されることがイメージダウンに繋がるかもしれないという理由で、使わなくても確保しておく、という慣習となっていった。

例えば当社の場合でも、.co.jp、 .com、 .jp、 .netを確保している。実際には、.jpは使用していないが、設立以来12年間は費用を支払い確保し続けている。

本来なら、毎年利用を確認して、更新するか否かを検証するべきだが、前述のように、「誰かに不適切に利用されること」を考えて、現状維持してきたのだ。

f:id:emandai34:20200507135207p:plain

先日、国際連携のHPの移転プロジェクトの会議で、ドメインの移管も行うことになり、その手続きを確認していたが、使っていないドメインはどうするかという話題となった。これまでなら慣例で維持することになったと思うが、新しいスタッフは意見を述べた。

「今やドメインは無限にとれる。同じ考えで、あらゆる拡張子を抑えていたら予算がいくらあっても足りない。この際使用しないものは、解約でいいと思う。」

なるほど。その通りかもしれない。

以前のようなドメイン名が貴重だったときは、悪用するほうも抑えやすかったが、今のドメインの種類が増えてしまっては、抑えておくコストは無限大だ。ドメイントロールも同じトロールモデルは実行できないだろう。

 

ドメイン拡張子は無限とも思えるくらいある。

.com, .co.jp.....群馬.jp などの県名、

.kitchen,

.partners.
.bid
.date
.download
.email
.loan
.men
.party
.trade
.win
.world
.blue

なんだってんだ?笑

 

f:id:emandai34:20200507135241p:plain

前述の国際連携では、次のドメイン名更新時には未使用ドメインは解約することにした。

 

ドメインの種類が無限に取れるようになったことの本当の貢献は、このドメイントロールに悪用をしにくくしたこと、悪用が成り立ちにくくしたことにあるのだろう。