ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【ODRピックアップ】20160329 休憩時間や仮眠時間

【ODRピックアップ】20160329 休憩時間や仮眠時間

 

小泉今日子のCM、「お弁当向上委員会」は、

当時とてもかわいくて、会社の会議室はみんなでお弁当を食べる場所になっていたことに何の違和感も感じていませんでしたが、ある日突然、「会議室でお弁当を食べないこと」と社内通達が出たことを思い出しました。理由は、

  • お弁当の匂いが会議室に残り、来客が不快に感じるかもしれない
  • 昼休み中にも急遽会議室を使う場合がある
  • 会議室が汚れる

などでしたが、自席は仕事の書類等で溢れていてお弁当を拡げるようなスペースはなく、資料を汚したりしたら大変なので会議室の利用は常態化していたので、小混乱したものです。「昼食付きの会議後の来客には匂いが残ってるじゃないか〜」とかね。

www.youtube.com

使わせてくれたっていいじゃないか?とも思いますが、会議室は業務用の設備、施設なので、確かに前述の理由はもっともです。

 

www.njh.co.jp

 

業界特有の寝不足者が多かったせいか、昼休みや休憩時間は机につっぷして昼寝をしている人が多かったのですが、同僚と雑談したり、マンガを含めた読書をする人も多くありました。PCゲームが普及し始めた時期でもあり、ゴルフゲームに興じている人もいましたが、今程ネットワークも普及発達していなくて、ウィルス拡散の恐れは少なかったのですが、仕事用の機器を遊びに使うことは黙認するべきではなかったと思えます。

 

さて、労働基準法では、休憩時間は8時間に1時間は一斉に与えられる必要があります。この時間は基本的には無給なので自由時間なのですが、業務施設である社内では一部制限が加えられます。それが前述のゲームや会議室の使用、同僚の迷惑となる行為(勧誘)や販売(副業禁止)などは、制限されます。

 

しかし、休憩時間に、電話がきてその応対をしたり、来客の対応などをする必要がある場合は、どうなるのでしょうか。実運用では、原則無給で対応は指示されていませんが、そこに居合わせれば仕方なく対応することになります。ただし、あくまで自発的にという名目で。

ただ、これでは電話などがこなくても待機している時間となりますので、当番制にするとかにしないと、全員に給与を支払うことになる可能性もあります。

深夜などで交替で仮眠を取る場合にも、休んでいるからといって無給でいいかというと、「何かあれば対応する」「仮眠室から出ない」など、業務待機状態だったり、自由でなかったりすれば、それは拘束時間として給与の対象となります。

 

news.livedoor.com

 

f:id:emandai34:20150809183644j:plain

 

そういえば、このころ、リゾートオフィスなる概念が流行りました。曰く。会社の保養施設などでも仕事ができる環境を整え、家族を連れて休暇中でも仕事ができるようにと。。。当時は、なんかかっこいい!とも錯覚していましたが、フリーランスならまだしも、会社員でこのリゾートまでいって仕事?というのは、完全に24時間拘束されているようなものですし、何よりも、”リゾート”と”オフィス”という相反する概念の合体は、ちょっと”アレ”でした。笑