ODR Pickups/半蔵門御散歩雑談

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

イラストレーターCCの費用対効果

イラストレーターCCの費用対効果【半蔵門ビジネス雑談】20180528

 

一緒に仕事している人の名刺を作り直す必要が出て来た。

彼の名刺は以前の事務所の住所になっており、あまり使わなかったので支障はなかったのだが、新たな契約先へのサポートのために、今後使用頻度が増す可能性があるので、早急に印刷しなおすことにしたのだ。

 

名刺の印刷のためのデータは、イラストレータというやや高額なソフトウェアで作っている。すでに旧製品のパッケージ版はないようだが、amazonの中古品で258、000円となっていた。かつて、このソフトを頻繁に使用する部署にいたが、当時も決済を得て購入すると部門に喜ばれたものだ。といっても、商売道具なので「あって当たり前」なのではあるがw

Amazon.co.jp: こちらもどうぞ: Adobe Illustrator CS6 Macintosh版 (旧製品)

 

さて、現在は、イラストレーターに限らず、あらゆる製品がクラウド版になっており、

  • 月額契約、
  • 年間契約月額払い、
  • 年間契約一括払い

となっており、それぞれ、

  •  3,180円/月
  •  2,180円/月(26,160円/年間)
  • 26,160円/年間

となっていて、以前の価格からは随分と買いやすい。

www.adobe.com

ここでちょっと思案。

いつもは、名刺修正を仲間の会社に依頼する。値段はお手頃価格。しかし、イラストレーターがこの価格になったのなら、自分で保有して自分で作業してもいいのではなかろうか?

 

必要なときだけ保有すればいい。3,180円:名刺修正費用の比較となる。そして結果は明らかに、こうだ。

 

3,180円>名刺修正費用

 

といいつつ、名刺以外でイラストレーターを自分で操作する機会はなさそうだ。だとすると、コストが少し嵩んで、他への使い道もなくて、仲間への発注も減ってしまうといいことないような気がする。

f:id:emandai34:20180216095542j:plain

やっぱ現状維持だな。