半蔵門御散歩雑談/ODR Pickups

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

サーバー移行手順プラン

サーバー移行手順プラン【半蔵門ビジネス雑談】20200626

 

ある月の請求書などを整理していて気がつく。

レンタルサーバーのコストのアンバランスさだ。あくまで金額面だが、非常に金額が高いサーバーがある。

 

サーバー1 月額 21,720円(.com) Webサイト、SNS、メールサーバー

サーバー2 年額 16,200円(.co.jp) メールサーバー

サーバー3 月額  3,600円(testサーバー.net)SNSテスト用

 

サーバー2と3は、年額で16000円〜40,000円強だが、サーバー1だけが250,000円で一桁違っている。

理由ははっきりしていて、サーバー1はVPSホスティングサーバーで、単独利用だが、2と3はレンタル仮想サーバーだからだ。これは使用開始した時期の違いもある。1は会社設立時の10年以上前なので、こうした単独サーバーが主流だったせいもある。2と3は数年前以降で仮想のレンタルサーバーが技術的にも価格的にもこなれてきたせいもある。

 

古いサービスパックなので問題もある。例えば、OSがすでにバージョンアップできないそうだ。また、バージョンアップすることでSNSが不具合を起こす可能性もある。さらに、このメールサーバーから送付されるメールが、gmailで受け取ることができない。これはgmail側が特定のIPの範囲を拒否しているためという。また、SSLの設定も影響を受けており、このサーバー上のSNSがChromeでアクセスすると証明書へのアラームが表示されてしまうのだ。これもサーバー側のOS等が古いためとされている。

そうした課題にも関わらず前述の費用。費用対効果がアンバランスになってしまっている。

 

コロナ禍でコストの見直しを図っているが、このタイミングでサーバー1廃止、Webサイト、SNS、.comのメールサーバーを移転することにした。

 

手順としては、

  1. Webサイトをサーバー3に移動
  2. SNSのデータをサーバー3に移動
  3. .comメールをサーバー3に移動
  4. .comドメインのDNSをサーバー3に転送
  5. サーバー1の廃止

 

SNSは、.com版は廃止して、.netに移行する。関係者に案内が必要。

Webは、,netと同じサーバーに移行し、.comとする。メールも同様。

 

あれ?複数ドメインを同じサーバーにアサインできるよね?

f:id:emandai34:20190718124813j:plain