ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク

株式会社ODR Room Network

このブログは、株式会社ODR Room Networkのお客様へのWeekly reportに掲載されている内容をアーカイブしたものです。但し、一部の記事を除きます。ODRについての状況、国際会議の参加報告、ビジネスよもやま話、たまにロードレーサーの話題など、半蔵門付近を歩きながら雑談するようにリラックスしたお話中心。

【読書/映画感想】

【読書/映画感想】20170821 全てが”F”になる

【読書/映画感想】20170821 全てが”F”になる 天才科学者 マガタ・シキ(14歳)による殺人事件から15年。 www.odr-room.net 新たな展開。またも同じ妃真加島の研究所で殺人事件が起こる。しかも殺されたのは、マガタ・シキ本人と伯父。そして時を同じく…

【読書/映画感想】20170816 御社のデータが流出しています 吹鳴寺籐子のセキュリティチェック

【読書/映画感想】20170816 御社のデータが流出しています 吹鳴寺籐子のセキュリティチェック 80歳越えのご婦人サイバーセキュリティコンサルタントの吹鳴寺籐子が主人公のセキュリティ事件小説。よくありそうな情報漏洩事件で、セキュリティホールは人間…

【読書/映画感想】20170801 創業社長死す 高杉良 著

【読書/映画感想】20170801 創業社長死す 高杉良 著 長く続く企業は、どうしたって創業者とその一族だけでは続かない。子孫に継承し続けられる場合もあるだろうが、子供が跡目を継ぎたくない場合もあるだろうし、その能力がない場合もありうる。そうして生…

【読書/映画感想】20170705 四季(春・夏・秋・冬)著:森博嗣

【読書/映画感想】20170705 四季(春・夏・秋・冬)著:森博嗣 四季といっても、季節のことを描いた小説ではありませんで、天才少女・真賀田四季(マガタ・シキ)の生涯(生涯というのには語弊がある)とその影響を描いた四部作。 しかも、マガタシキに関し…

【読書/映画感想】20170630 青白く輝く月を見たか

【読書/映画感想】20170630 青白く輝く月を見たか あらすじ 消息をたった人口知能オーロラを積んだ潜水艦は長く通信が途絶えており、AIの暴走が危ぶまれている。世界中どこへでも発射できる核弾頭搭載ミサイルが装備されたままだからだ。ハギリ博士と局員ウ…

【読書/映画感想】20170614 最終決戦と絶体絶命

【読書/映画感想】20170614 最終決戦と絶体絶命 このタイトルをつけてから思い浮かんだのは、「空前絶後」。さっき見たTVのバラエティに、サンシャイン池崎が出ていたからだ。 「くぅ〜〜〜〜〜ぜん!。。。ぜつごのぉ〜〜〜〜」 っていう人。 さておき。。…

【半蔵門ビジネストーク】20170530 施してはいけないのか? 「マラケシュの声」エリアスカネッティ著作から【読書/映画感想】

【半蔵門ビジネストーク】20170530 施してはいけないのか? 「マラケシュの声」エリアスカネッティ著作から【読書/映画感想】 出張で、いわゆる先進国以外にいくと、必ず物乞いをする人々に出会う、あるいは目にすることになります。 イスラエルでは、ビー…

【読書/映画感想】20170529 なんで題名がパルプか?

【読書/映画感想】20170529 なんで題名がパルプか? amazonの欲しいものリストから送られた本の感想です。 日本翻訳史上の最高傑作と言われたこの小説。 チェールズ・ブコウスキー「パルプ」。 ”パルプ”とは、かつて米国で、三文小説や記事が印刷されている…

【読書/映画感想】20170427 それは経費で落そう

【読書/映画感想】20170427 それは経費で落そう 「それは経費で落そう」 著:吉村達也 少し前に読んだ、「それは経費で落ちません」という小説があるが、そちらは、題名通り「それは経費で落ちません」という経理部員が主人公の経済がらみ小説。こちらも同…

【読書/映画感想】20170414 魔法の色を知っているか?

【読書/映画感想】20170414 魔法の色を知っているか? あらすじ シンポジウムに出席するために、チベットのナクチュにきたハギリ博士一行は、クーデターに巻き込まれる。おかげでシンポジウムは中止、しかし、世界的科学者ヴォッシュ博士に出会い、交流を深…

【読書/映画感想】20170406 私たちは生きているのか  著:森博嗣

【読書/映画感想】20170406 私たちは生きているのか 著:森博嗣 一連のハギリ博士とウグイとウォ—カロンの未来シリーズ。www.odr-room.net あらすじ 逃げ出したウォーカロンが集まっているという情報をもとに、南アフリカの村を調査に訪れるハギリ博士とウ…

【読書/映画感想】20170401 エイプリルフールのエイプリルフールの。。

【読書/映画感想】20170401 エイプリルフールのエイプリルフールの。。 国家間の陰謀。それに踊る警察機構、政治家、反社会的組織。 最近の書店の平積み文庫本は、この分野が本当に多い。 そして現実にはそんなことはないとばかりに、重要ではない揚げ足と…

【読書/映画感想】20170331 風は青海を渡るのか

【読書/映画感想】20170331 風は青海を渡るのか? あらすじ 人口細胞移植により寿命が極端に延びた未来だが、人類はその代わりに生殖機能を失ってしまった。しかし、チベット辺境に、まだ子供が生まれている集団が有るという情報によりハギリ博士と局員ウグ…

【読書/映画感想】20170324 デボラ、眠っているのか?

【読書/映画感想】20170324 デボラ、眠っているのか? 細胞培養によって生まれるウォーカロンが人類にとってかわるのか? www.odr-room.net このあとの世界を描く作品の一つ。 あらすじ ハギリ博士は、路上で「デボラ、眠っているの?」という周囲には聞こ…

【読書/映画感想】20170308 彼女は一人で歩くのか?

【読書/映画感想】20170308 彼女は一人で歩くのか? 人間に近いアンドロイド(映画「ブレードランナー」)やロボット、あるいはアバター的なものが、人間のように行動するSF(映画「サロゲート」)はこれまでもあった。 https://ja.wikipedia.org/wiki/ブレ…

【読書/映画感想】20170224 ロボット・イン・ザ・ガーデンでタング・ロス

【読書/映画感想】20170224 ロボット・イン・ザ・ガーデンでタング・ロス オビにも書いてあるが、本を読み終わってしまたことが寂しいと感じたのは久々というか、初めてかもしれない。 あらすじ すれ違い夫婦の庭先に現れた旧式のロボットを巡って家を出て…

【読書感想】【つれづれ】20170113 読めそうな2冊(2) アフターダーク

【読書感想】20170113 読めそうな2冊(2) アフターダーク 初めてムラカミハルキ作品を最後まで読めたので、もっと読めるかもと思い、 【読書感想】20161226 初めて読めたハルキ - ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク ランチに出かけたついでに書店で文庫あ…

【読書感想】【つれづれ】20161230 読めそうな2冊(1)東京奇譚集

【読書感想】【つれづれ】20161230 読めそうな2冊(1)東京奇譚集 初めてムラカミハルキ作品を最後まで読めたので、もっと読めるかもと思い、 【読書感想】20161226 初めて読めたハルキ - ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク ランチに出かけたついでに書店…

【読書感想】【つれづれ】20161229 読めそうなハルキ2冊

【読書感想】【つれづれ】20161229 読めそうなハルキ2冊 初めてムラカミハルキ作品を最後まで読めたので、もっと読めるかもと思い、 【読書感想】20161226 初めて読めたハルキ - ODR Pickups/半蔵門ビジネストーク ランチに出かけたついでに書店で文庫あさ…

【つれづれ】【読書感想】20161227 もっと”ハルキ”をと。。。

【つれづれ】【読書感想】20161227 もっと”ハルキ”をと。。。 昨日、「やっとこの年にして、ノーベル賞候補常連の村上春樹氏の本を読了した。」と興奮を伝えましたが、その後、いろいろ思案する間に、「もしかすると、読めるのではないだろうか?」と思い始…

【読書感想】20161226 初めて読めたハルキ

【読書感想】20161226 初めて読めたハルキ 珍しい話なのかそうでないのかは、はっきりしない、しかし、実際にそうであるのだから仕方がないのだが、私はムラカミハルキが苦手だ。正確にはムラカミハルキの小説が苦手なのだが、どれくらい苦手かというと、も…

【読書/映画感想】20161225 ローグ・ワンにワクワクする

【読書/映画感想】20161225 ローグ・ワンにワクワクする クリスマスといえば、なんだろう? ケーキ? ジングルベル? プレゼント? 七面鳥? いや。。。 ローグ・ワンだろう(笑) starwars.disney.co.jp (ネタバレあり) スターウォーズをエピソード4か…

【読書感想】20161007 お金の小説

【読書感想】20161007 お金の小説 非常に偶然にも、適当に選んで買った文庫小説が、4冊ともお金がらみだったいうのは、読書市場の流行なのか、世相の反映なのか、個人の興味なのか、はたまたそれらの全部なのか。 (ネタバレは、ありません!) これは経費…

【読書感想】20160913 ブラックバイト、ユーチューバー、アート振興、整形と金融

【読書感想】20160913 ブラックバイト、ユーチューバー、アート振興、整形と金融 池袋ウェストゲートパークシリーズの最新刊。前作PRIDEでもうこれで最後かと思っていたのですが、これは嬉しい!ハードカバー版で購入する数少ないシリーズの一つです。 この…